心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

1分でわかる「夜驚症とは」原因と対策まとめ

 

夜驚症(やきょうしょう)とは、夜中に寝ていた子供が突然起き上がり、叫び声を上げたり、泣き出したり、暴れ出したりする睡眠障害の一種です。

10歳以下(特に3~6歳)の幼児に多く、眠りについてから1~2時間後に夜驚症の症状が現れることが多いです。眠っていたのにもかかわらず、突然布団の上に座って叫び声を上げたり泣きわめくといった症状が出ます。

発症中は子供本人は家族を認識出来ず、その時に声をかけても子供は反応を示しません。親がすぐ近くにいるのにもかかわらず、「お父さん!お父さん!」と親を探す発言をする事もあります。これは発症中は部分的覚醒状態(半分眠ったままで、半分は目を覚ましている状態)のためです。また、覚醒してもその時の事を覚えていないので、親としてはとても心配になります。

夜驚症の原因

夜驚症は、脳の目覚めの機構が未発達のために起きる睡眠障害です。

脳の発達(特に目覚めの機構)が未発達なために、睡眠からうまく覚醒できない事と関係しており、目覚め機構が完成する思春期までにはほとんどが自然に消えます

引用元:小鳥居諫早病院

思春期までは脳が発達し終え、ほとんどが症状が消えるという事を知っていれば、親としても安心感が増します。

しつけや育て方が原因というわけではありません。

対策

症状が出た時の対策としては、暴れても無理に止めるような事はせず「側で見守る・やさしく声をかける」という事に尽きます。

夜驚は普通2~3分でおさまります。走り回っている時、無理に止めようとするとかえってひどくなります。押さえつけたりせず、危なくないように見守っているだけでかまいません。夜驚の時、走り回ることが多いようでしたら、怪我をさせないために、廊下にはガラス製品など壊れやすいものを置かないようにしましょう。

引用元:東邦大学医療センター

日常生活で何か制限する必要は無い

子供さんの感情を動かすことであれば、何でも夜驚の引き金になりますが、それらを制限する必要はありません。最初は一晩で2.3回症状が出る事があっても、2~3ヶ月で回数が減ってきます。

引用元:東邦大学医療センター

親に叱られる・事故に会うといった怖い出来事が引き金になることもあれば、旅行や外出等の楽しい事が引き金になる事もあります。かといってそれらを制限する必要は一切ありません。

多くの場合、特別な治療は不要

要するに夜驚症がお子さんに出ても、普通に過ごせばよいという事ですね。ただ、半覚醒状態の時にお子さんの心にある何らかの「怖さ」が現れている事は間違いありません。それを軽くするには、お子さんの話しをしっかりと受け止めて聴く、出来るだけ目を見て聴く、スキンシップを取るという関わりを増やしていけばお子さんにも安心感が出てきます。

お子さん自身も夜驚症の症状が出ている時は不安感や怖さが強いと思いますが、それよりも辛いのは、その度に目を覚まさざるを得ないご両親だと感じます。成長期の大切なお子さんに薬で症状を軽くするよりは、日常生活の中で「安心できる関わり」を出来るだけ増やして上げる事が最高の処方箋です。

夜驚症のほとんどは、身体の発育とともに良くなっていきます。

泣き叫ぶことは無く、寝ぼけて歩くだけの時は「夢中遊行」

いわゆる寝ぼけて歩く夢遊病(夢中遊行)も、夜驚症と同じく睡眠障害の一種です。夢中遊行の時は泣き叫ぶことはありませんが、対応は夜驚症と同じです。


ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性