心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

通信の心理資格で心理の仕事に就ける!のはウソであり本当でもある理由

 2017年3月22日  

ネットで「心理カウンセラー」と検索してみると、様々な情報があります。

通信課程で取得出来る資格だけで「心理の仕事に就ける」と紹介している所もあります。

結論からお伝えすると、ある意味本当であり、ある意味ウソです。

この記事では、その理由を解説します。

通信の心理資格で仕事に就けるのはウソの理由

通信課程のみでは、カウンセリングスキルを身に付ける事が出来ないからです。

傾聴にせよ、分析にせよ、心理療法にせよ、スキルを身に付けたり、使えるようになるためには、実践する、トレーニングする事が欠かせません。

例えば車の運転免許は学科(座学の授業)だけでは決して取得できませんし、当然運転も出来るようになりません。実技が不可欠です。

カウンセリングも同じように、通信課程だけだと学科レベルを超えて、実践的なスキルを身に付けるのはどうしても難しいです。※通信過程の大学では、スクーリング(対面での授業や実習)が行われることもあります。

実際のカウンセリングは、人と面と向かって会話します。そのトレーニングを一切せずに悩みを抱えている人の話を聴き、その人の感情を受け止められないような事があると、状態は余計に悪くなります。

メールカウンセリングなら出来るのでは?

確かに不可能ではありませんが、メールカウンセリングは実際の所、それほど普及していません。

メールが一般的になり、メールカウンセリングのシステムとしてスタートしてから15年以上経ちますが、それほど普及していないのは、対面に比べて時間的にも実質的にも効果が弱いからだと感じます。
詳細:メールカウンセリングのメリットとデメリット

不可能ではないので、通信で資格取得して開業してメールカウンセリングをやりたい!という方は、たいしてリスクも無いのでやってみて下さい。ホームページを自分で作成して、ホームページからの集客のみに限れば、必要費用は年間6,000円~13,000円のみです。
カウンセラーとして独立した時のオススメのホームページの作り方

通信の心理資格で仕事に就けるのは本当の理由

始めに事実をお伝えしておくと、通信課程で取得できる心理資格で、心理関係の就業に強く有利になる事はまず無いです。

ただ、元々受容的な人柄で、独立開業して仕事を自分で取れる人なら通信課程で取得出来る資格で、心理の仕事をするのは確かに不可能ではありません。(決してお勧めはしません)

また、カウンセリングではなく話し相手サービスであれば、難易度は格段に下がりますので、仕事にする事は充分実現可能です。

通信課程の資格で「仕事に就けます」と紹介している理由

なぜ実現するのに難易度が高い(カウンセリング関係の仕事に就く場合)、ウソっぽい事がネットで紹介されているのかというと、「この資格を取得すれば仕事に就けます」と伝えておけば、シンプルにその資格講座に申し込む人が増えるから(間接的にせよ、儲かるから)です。

当サイトでも、この資格だけでカウンセリングの仕事に就けます!就職に有利です!と書けば資料請求して下さる方が増えるのは間違いないと思いますが、他人をだますような商売は続かないと思いますし、スキルの無いカウンセラーが増えると、「心理カウンセラー」全体の信頼性も落ちてしまうと思うので、事実をシンプルに紹介しています。

まとめ

通信課程の心理資格は、地方に住んでいて通学するのが難しい方、スキルを身に付けたいわけではなく、シンプルに心理関係の資格が欲しい方、心理学を手っ取り早く学んでみたい方向けです。

プロになりたい方は、カウンセリングスキルを身に付ける事ができる、通学制のスクールに通うべきです。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性