HP制作の第一歩!Xサーバー申し込み方法とワードプレスインストール方法

このページでは、自分自身でホームページを作る第一歩となる

  1. Xサーバーの申し込み方法
  2. ドメイン(URL)の設定方法
  3. 無料HP制作ソフト「ワードプレス」のインストール方法

を、図入りでわかりやすく解説します。上記の手順は、すべてWEB上で完結します。パソコンに何かを取り込む必要はありません。

独立開業カウンセラーが自分自身でHPを運営出来ると、費用的にも経営的にも圧倒的にメリットが大きいです。

手順も意外と簡単で、このページを見ながら1つ1つやっていけば、必ず自分でホームページを作成出来るようになります。

1 エックスサーバー申し込み

まずは、エックスサーバー公式サイトに行き、画面中央の「お申込み」をクリックします。

次の画面で、左のオレンジの「新規お申込み」ボタンをクリックします。

サーバーIDは特に公開されるものではありません。そのままでも、好きなIDにしてもOKです。

プランは「X10」(1,000円/月)を選択します。X10でHP運営に充分な機能が備わっています。

「WordPressクイックスタート」を選択した場合、このページで紹介している内容を一気に簡略化できますが、10日間無料のお試し期間がありません。どちらを選択しても大丈夫ですが、このページではWordPressクイックスタートを利用しない場合の申込方法を解説します。

「Xseraverアカウントの登録へ進む」をクリック。

必要な情報の入力画面になります。必須項目にすべて入力していきます。

入力したメールアドレス宛に6桁の数字のみ記載されたメールが届きますので、そちらを「確認コード」欄に入力します。

「次へ進む」をクリックすると、「この内容で申込みする」ボタンが表示される場合と、「SMS・電話認証へ進む」ボタンが表示される場合があります。

SMS認証の場合、送られてきた認証コードを入力して進めます。

これでサーバーの申し込みは完了です。すぐに「サーバー設定完了のお知らせ」という自動返信メールが届きますので、確認します。

メール内容の確認

このメールは、IDなどのとても大切な情報が記載してあります。

メールに記載されている「Xserverアカウント」ログイン情報の「XserverアカウントID」と「Xserverアカウントパスワード」をチェックします。

Xserverアカウント管理画面にログイン

メールで届いたIDとパスワードでログインします。

https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

Xserverアカウント管理画面になります。

登録直後は、10日間の「お試し期間」の為、ドメインの設定ができません。HP制作のためには、この画面からドメインを設定する必要があるので、まず料金の支払いを先に済ませましょう。(10日間無料サービス期間は無くなりません)

料金は年払いで一月あたり1000円(税抜)、初期費用としてどのプランでも3000円(税抜)必要です。

表の左端にチェックを入れ、契約期間を選択します。契約更新期間は12ヵ月が割安です。「支払方法を選択する」ボタンをクリックします。

支払い方法は、クレジットカードだと支払いが即時反映され、すぐにキャンペーンドメインが取得できます。

必要事項を入力後、「支払いをする」をクリックします。

キャンペーンをやっていない場合は、他でドメインを取得します。詳細は、ムームードメインでドメイン取得してXサーバーで利用する方法を参照下さい。

キャンペーンドメインの取得

Xサーバーは、頻繁に無料ドメイン1つプレゼントキャンペーンを行っています。その無料ドメインを取得する方法を解説します。

まずはXserverアカウントにログインします。IDとパスワードは、契約時に自動返信されたメールにある「XserverアカウントID」と「パスワード」です。

画面左メニューの「各種特典のお申し込み」をクリックします。

永久無料ドメイン(キャンペーン特典)の「この特典を使用する」をクリックします。

ドメインに好きなアルファベットを入力し、「新規取得」のままで「検索する」をクリックします。

このドメインのアルファベットは、いわゆるホームページアドレスになるものです。英数字とハイフン「-」が使えます。

カウンセリングルームであれば、SEO(検索で上位に入る)対策のためにも、「counseling」の文字は含ませておいたほうが良いです。
(例:ok-counseling.com など)

独自ドメインを取得すると、メールアドレスが無制限に作れますが、そのメールアドレスの@より右側になる部分でもありますので、長すぎない適切なものが良いです。

ドメインに続く文字は「.com」もしくは「.net」で問題ありません。

入力したドメインが利用できそうであれば、申請します。

2 ドメインの設定

取得したドメインをサーバーに設定します。

サーバーパネル画面

Xサーバーサイトの右上メニュー「ログイン」にカーソルを合わせるとメニューが出るので、「サーバーパネル」を選択します。(以下のURLから直接サーバーパネルにアクセスできます)

https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

サーバーパネルログイン画面

ここに入力するサーバーIDとパスワードは、インフォパネルで入力したものとは違い、契約時に自動返信で届いたメールの、「サーバーIDとパスワードになります。」

届いたメールのサーバーIDとPW

サーバーパネル画面に入ります。

サーバーパネル管理画面

ドメイン設定をクリックします。

ドメイン追加設定画面

ドメインの追加設定をクリック

ドメイン入力画面

先程取得したドメインを入力し、「ドメインの追加(確認)」をクリックして確定させます。

これでドメインの設定は完了です。次にHP制作ソフトとなるワードプレスを自動インストールします。あと一息でHP制作の下地が完了します。

3 ワードプレス自動インストール方法

ワードプレスの自動インストールはとても簡単にできます。

サーバーパネルトップ画面

方法は、サーバーパネルのトップ画面の左下、または

左メニューの「自動インストール」をクリックします。

ワードプレス自動インストール設定画面

②の対象ドメイン(例:counseling.com など)があっているか確認して、③「プログラムのインストール」タブをクリック、④WordPress日本語版の「インストール設定」をクリック。

ワードプレス自動インストール詳細設定画面

①は空白にします。
②のブログ名は、○○カウンセリングルームなどを入力(後で変更可能)。
③ユーザー名:好きな英数字でOKです(ログイン用のIDになります)
④パスワード:好きな英数字(判別されにくいランダムな文字で)(後で変更可能)
⑤サイトで使用するメールアドレス(アップデート情報など)(後で変更可能)
⑥「自動でデータベースを作成する」にチェックします。
⑦「インストール(確認)」をクリックします。

インストール確定画面

確認後、「インストール(確定)」をクリックします。

ワードプレスインストール確定画面

これでワードプレスの自動インストールは完了です。この画面のIDなどは、念のためメモをとっておいたほうが良いです。

①のURLをクリックすると、ワードプレスの管理画面になりますので、先程のご自身で設定したIDとパスワードでログインします。

ワードプレスの管理画面

ドメインが反映されるのに2.3日かかる事があります。反映される前だと「404 File Not Found」の画面になりますので、その時はしばらくたってからアクセスしてみて下さい。

ログインに成功すると、以下のようなワードプレス管理画面のダッシュボードが表示されます。

ワードプレス管理画面ダッシュボード

ここから様々なページや写真を簡単に追加できます。

ワードプレス管理画面のURL
http://ご自身が取得したドメイン.com/wp-admin
は、今後何度もアクセスする事になるのでブックマークしておいたほうが良いです。

HPの作成は、「習うより慣れろ」が早いです。やってみて、わからない事があれば検索すればほとんどの答えは見つかるはずです。失敗しても、それがリカバリの方法を身に付ける糧になります。HP作成は自分で自分の城を築く作業ですし、その方法を身に付ける過程はとても楽しいです!

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』


2016年11月11日

© 2021 心理カウンセラーの種