心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

心理カウンセラー情報サイト

資格取得して心理カウンセラーになるには

「心理カウンセラーの種」へようこそ!このサイトは、特に社会人になってから心理カウンセラーになりたいと考えている方々の参考になればと思い、運営しています。

私自身28歳の時に、心理関係の大学を出ていない状態からプロの心理カウンセラーになる事ができました。しかしながら、始めの一歩となるスクールを決める時、その後スクールに通いながらも「本当に自分が心理カウンセラーになれるんだろうか?」という不安をいつも抱えていました。

このサイトでは、様々な心理の仕事や資格を始め、私自身の体験を踏まえて「プロを目指す時これを知っておきたかった!」という情報、プロを目指す過程で気付いた事、その間の不安や葛藤、プロになるまで等を紹介しています。同じような境遇の方の参考になれば幸いです。

カウンセラー資格に関するよく読まれている記事

資格資料一括請求はこちら

カウンセラーになる方法はとてもシンプル

何らかの心理資格を取得後、仕事を得ます。順々に解説します。

目次

心理カウンセラーとは?

一言でいうと、悩みや心の問題を抱えている方を、会話や心理療法でサポートする人のことです。

絶対的に求められる条件は、「話しやすさ」です。なぜかというと、苦しい事を打ち明けてもらう事が、心の問題解決の大きな糸口になるからです。

どんな事が辛いのか?を明確にする事で、相談者が本音の部分で求めている・望んでいる事を共に考えていきます。

カウンセラーのサポートで、人間関係や恋愛での悩み、生き苦しさ等がクリアになると、相談者の人生に大きく貢献出来ます。

カウンセラーに向いている人の特徴

カウンセラーに向いている人の特徴5つ-悩み苦しんだ経験が有利!

人には向き不向きがあります。 カウンセラーを目指す時、自分自身が向いているかどうか、適性が高いかどうかは気になる所だと思います。 私自身今まで100人近くのカウンセラーに ...

続きを見る

1万円札の写真

心理カウンセラーの年収・給料・勤務体系

特に結婚している男性は、心理カウンセラーになると収入はどのくらいなのか、気になる所だと思います。 収入は、勤務形態・勤務場所・地域によっても大きく変わってきます。この記事 ...

続きを見る

カウンセラーを目指す前に知っておきたい事一覧

対応分野

カウンセラー資格別対応分野相関図

医療関係(うつ病や自律神経失調症、~症とつくもの等)は主に臨床心理士がカバーし、労働者の心のケアは産業カウンセラーがカバーする事が多いです。

「心理カウンセラー」は職業名なので、無資格でそう打ち出しても法には反しません。(臨床心理士や産業カウンセラーは資格名なので、取得していないとそう名乗れません。)

プロとして活動している人は、何らかの心理資格を取得しています。クライント(相談者)に信頼してもらったり、納得のいくカウンセリングを提供するためには、先人が確立してくれている心理学や心理療法を学ぶのが1番です。

資格の種類について

認知度が最も高いのは臨床心理士資格ですが、4年制大卒+指定大学院修了が必須です。両方通信課程での修了は可能ですが、最低でも320万円は必要です。

その他様々な心理資格がありますので、目的別に紹介します。

最短で資格が欲しい、心理学を学びたい方向け|通信課程

最も手っ取り早いのは、通信での学びです。費用の目安は4万円、資格取得までの平均期間は3ヶ月です。

プロになる、仕事に活用する、自分を癒やす

心理の学びを仕事に活かしたり、ご自身のメンタルヘルスのため、コミュニケーション力アップ等が目的であれば、大学や大学院に通うのではなく、民間のスクールの方が実践的で料金も安いです。

民間のスクールは、様々な種類があります。スクールによって、学ぶ人の癒やしを重視している所もありますし、スキル習得が得意なスクールもあります。↓から一括で資料請求できますので、最新情報を入手して比較検討してみて下さい。

資格資料一括請求はこちら

民間の団体・スクールが認定する主な心理資格

プロとして活動したい方は

病院や学校などの組織に入ってプロとして活動するのであれば、臨床心理士資格を習得するのが確実です。

民間のカウンセリングスクールに通学し、そのスクールが発行している認定資格取得後、プロとして活動している人も多いです。心理関係の仕事について、詳細を解説します。

心理の仕事について

心理カウンセラーとして仕事を得るには、主に3つのケースがあります。

女性カウンセラーの写真

  1. ハローワークなどで公募されている仕事にトライするケース
  2. 学んだスクールに関連した仕事
  3. 独立開業

次のような仕事が比較的多く公募されています。

1 公募されている機会が多い心理関係の仕事

2 学んだスクールに関連した仕事

民間のカウンセラー養成スクールの中には、心理関係の仕事が入った時に修了生に紹介するケースがあります。私自身、最初の仕事は、学んだスクールから紹介された予備校生の心のサポートでした。

学んだスクールで、非常勤のカウンセラーや、講座の講師として勤めることが出来るケースも多いです。
詳細:カウンセリングスクールに務め、プロカウンセラーとして活動する

3 独立開業

心理資格取得後、すぐに独立開業するよりは、カウンセラーとして何らかの経験を積んでからのほうが適切です。

クライアントに魅力を感じてもらえる経営力も必要になってきますが、時間や仕事量など自分の裁量で仕事をこなせるメリットがあります。
詳細:心理カウンセラーとして独立開業するために必要な知識と実践方法の全て

スクールの選び方について

プロを目指すのであれば通学制のスクールが適切ですが、平均費用は30~50万円と気軽に払える料金ではありません。後悔しないよう、慎重に比較検討したいところです。

詳細:心理カウンセラースクールの選び方

実際にカウンセラー養成講座を受講してみて

心理カウンセラー養成講座での傾聴トレーニング風景

傾聴トレーニング風景

座学で知識を学ぶ講座は、心の深い部分を知れる事も多く、とても楽しいものでした。

ただ、プロになるための研修は、苦しい時も多かったです。出来ない事を出来るようにするためのものですので、どうしてもうまくやれない自分と向き合う必要が出てきます。トレーニングに行って、落ち込んで帰る事も多く「もう諦めようか」と思った回数は数知れません。

そんなトレーニングですので、続けていればライバルは勝手に減っていきました。自分で決めた事を途中で投げ出すのが嫌だったからという理由で続けましたが、カウンセリングは好きですし、好きな事を仕事に出来ると、何より自分が楽に生きられるのが有り難いです。

カウンセラーになる前の仕事を辞めたのは、当時の自分にはその仕事にやりがいを見出せなかった、それをしている自分をあまり好きになれなかったからですが、辞めてなかったら後悔していたのではと感じます。

私自身が実際にスクールに通ってからプロになるまでの体験談はスクールに通ってみてのカテゴリで紹介してますので、ご参考下さい。

プロになるための道のりは楽なものではありませんが、心の悩みを抱えた人の役に立てる事はとても幸せなことだと思います。

資格資料一括請求はこちら

笑顔の女性心理カウンセラー写真


記事一覧を見る


 2017年2月10日