心理カウンセラー情報サイト

資格取得して心理カウンセラーになるには

当サイトでは様々な心理の資格と仕事をピックアップし、それぞれどんな人に向いているかを解説しています。

私自身民間の学校を活用して、28歳の時にプロの心理カウンセラーとして仕事をスタートしました。

心理の学びで自己理解が深まったり、コミュニケーション力が高まるおもしろさもありましたが、学校を決める時、その後学校に通いながらも本当にプロになれるんだろうか?という不安をいつも抱えていました。

このサイトでは、私自身の体験を踏まえて、プロを目指す時にこれを知っておきたかった!という情報を主に掲載しています。

特に社会人になってから心理カウンセラーになりたいと考えている方の参考になれば幸いです。

心理カウンセラーになる道筋を見る

よく読まれている記事

カウンセラーになる方法はとてもシンプル

何らかの心理資格を取得後、仕事を得ます。

現在プロとして活動している人のほとんどは、心理系の大学で学ぶか、民間の学校で学んだ後、何らかの心理資格取得しています。

心理カウンセラーになるまでのルート図

順々にわかりやすく解説します。

心理カウンセラーとは?

一言でいうと、悩みや心の問題を抱えている方を、会話や心理療法でサポートする人のことです。

絶対的に求められる条件は、「話しやすさ」です。その理由は、まず相談者が抱えている辛さや苦しさを打ち明けてもらう事が、心の問題解決の大きな糸口になるからです。

相談者の気持ちを適切に汲み取りながら、どんな事が辛いのか?を明確にする事で、相談者が本音の部分で求めている・望んでいる事を共に考えていきます。

カウンセラーのサポートで、人間関係や恋愛での悩み、生き苦しさ等がクリアになると、相談者の人生に大きく貢献出来ます。

給料袋の写真

心理カウンセラーの年収・給料・勤務体系

特に結婚している男性は、心理カウンセラーになると収入はどのくらいなのか、気になる所だと思います。 収入は、勤務形態・勤務場所・地域によっても大きく変わってき ...

続きを見る

カウンセラーを目指す前に知っておきたい事一覧

資格により対応分野があります

カウンセラー資格別対応分野相関図

医療関係(うつ病や自律神経失調症、~症とつくもの等)は主に臨床心理士、公認心理師がカバーし、労働者の心のケアは産業カウンセラーがカバーする事が多いです。

「心理カウンセラー」は職業名なので、無資格でそう打ち出しても法には反しません。(臨床心理士や産業カウンセラーは資格名なので、取得していないとそう名乗れません。)

プロとして活動している人は、何らかの心理資格を取得しています。クライント(相談者)に信頼してもらったり、納得のいくカウンセリングを提供するためには、先人が確立してくれている心理学や心理療法を学ぶのが効率的です。

大学院を修了後、資格取得して心理カウンセラーになるケース

国家資格である公認心理師、民間資格で最も認知度が高い臨床心理士のいずれかを取得後、病院や学校で心理カウンセラーとして働くケースです。

仕事を得やすいのがメリットですが、デメリットとして、時間とお金がかかる点です。詳細は↓の各記事を参照下さい。

民間のスクールで資格取得後、心理カウンセラーになるケース

民間のカウンセラー養成講座の様子

少人数制のスクールの講座(撮影許可を得ています)

こちらは上記よりも短期間で、費用も安く済むのがメリットです。

デメリットは仕事を得にくい点ですが、臨床心理士、公認心理師を取得せずにプロとして活動している人が多くいるのも事実です。

民間のカウンセラー養成スクールにはプロになる目的だけでなく、カウンセリングスキルを今の仕事に活かしたり、自分を癒やす目的で通われる方もいます。

資格名は各スクールによって違い、スクール毎に特徴も異なります。↓からお住まいの地域のスクールの資料を一括で取り寄せられますので、比較検討してみて下さい。

カウンセラー資料請求(無料)はこちら

私自身民間のスクールを活用してプロになりました。詳細は↓の記事にまとめています。

認知度が高い民間の心理資格

産業カウンセラー

労働者の心のケアと予防が主な役割です。職場復帰支援やメンタル不調予防対策等を行います。

各種心理療法は学べませんが、歴史のある資格で日本各地に支部があり、受講者数も多いです。

認定心理士

大学で規定の単位を習得するだけで取得できます。プロになりたい方向けというよりは、すでに大学で規定の単位を満たしている方向けです。

詳細:認定心理士資格取得のために必要な事

NLPプラクティショナー資格

米国NLP協会が認定している資格で、日本各地の地方都市で受講可能です。

様々な心理療法の良い点を取り入れており、「自分を活かす」目的で学ばれる方が多いです。TVによく出演されている心屋仁之助さんもNLPを学ばれています。

詳細:NLPプラクティショナー資格とは|難易度、取得までに必要な事

プロフェッショナル心理カウンセラー資格

民間のカウンセラー養成スクールの統一資格として認定されています。

そこそこの金額がかかりますが、全心連から求人募集がかけられた場合の必須資格となっています。

詳細:プロフェッショナル心理カウンセラー資格の特徴、費用、難易度

通信課程で取得できる心理資格

手軽に心理学を学びたい、最短で心理資格が欲しい方向けです。

通信課程ですので、スキル習得は難しいですが、短期間で安く取得出来るのが特徴です。
費用の目安は4万円、資格取得までの平均期間は3ヶ月です。

その他の心理資格について

いずれも履歴書に記載出来る資格ですが、学べる内容と得意分野がそれぞれ違います。

心理の仕事について

心理カウンセラーとして仕事を得るには、主に3つのケースがあります。

女性カウンセラーの写真

  1. ハローワークなどで公募されている仕事にトライするケース
  2. 学んだスクールに関連した仕事
  3. 独立開業

次のような仕事が比較的多く公募されています。

1 公募されている心理関係の仕事

スクールカウンセラー

教育相談員という名目で募集されている事もあります。中学校からの求人が最も多く、主にいじめや不登校の問題に対応します。

期間雇用がほとんどですが、時給は高いです。

詳細:スクールカウンセラーの仕事と役割、年収、なるために必要な資格とは

電話相談員

スクールカウンセラーよりも時給は落ちますが、募集人員が多いです。臨床心理士資格を応募条件としていない電話相談員の求人も多いです。

詳細:電話カウンセラーとして活動する方法4つ

その他公的機関の心理の仕事

2 学んだスクールに関連した仕事

民間のカウンセラー養成スクールの中には、心理関係の仕事が入った時に修了生に紹介するケースがあります。私自身、最初の仕事は、学んだスクールから紹介された予備校生の心のサポートでした。

学んだスクールで、非常勤のカウンセラーや、講座の講師として勤めることが出来るケースも多いです。
詳細:カウンセリングスクールに務め、プロカウンセラーとして活動する

3 独立開業

心理資格取得後、すぐに独立開業するよりは、カウンセラーとして何らかの経験を積んでからのほうが適切です。

クライアントに魅力を感じてもらえる経営力も必要になってきますが、時間や仕事量など自分の裁量で仕事をこなせるメリットがあります。
詳細:心理カウンセラーとして独立開業するために必要な知識と実践方法の全て

4 話し相手サービス

「電話やスカイプで傾聴する」のみのシンプルな仕事で、時間と場所を選ばないのが特徴です。

仕事にするハードルは低いですが、賃金も心理カウンセリングより安いです。

詳細:話し相手サービスのプロになる、独立開業する方法

5 精神保健福祉士(番外編)

正式には福祉職であって心理職ではありませんが、カウンセリングの知識や傾聴は仕事の中で使います。

国家資格であり、求人が多いのが魅力です。

詳細:精神保健福祉士の特徴、社会人になってから取得にかかる費用と期間

カウンセラーを目指す方が疑問に思いやすいポイント

疑問を感じているカウンセラーを目指す30代の女性

まとめてみました。

心理系の大学や大学院を出ていなくてもカウンセラーになれますか?

なれます。

TVによく出ていたり、著書も沢山出されている心屋仁之助さんは、心理系の大学出ではありません。民間のスクールで学ばれています。

実例カテゴリでも紹介していますが、心理系の大学は出ず、民間のスクールで学んでプロとして活動している人は沢山います。

ただし、病院関係やスクールカウンセラーとして活動したい場合は、コネが無い限り大学院を修了して臨床心理士、または公認心理師資格を取得したほうが無難です。

通信で取得出来る心理資格だけでプロになれますか?

不可能ではありませんが、通信課程だけだとスキルが身に付かないので、プロを目指すのであれば通学制のスクールにすべきです。

詳細:通信の心理資格で心理の仕事に就ける!のはウソであり本当でもある理由

どのくらいの期間でプロの心理カウンセラーになれますか?

臨床心理士資格を社会人になってから取得する場合は、最短で3年です。
詳細:社会人になってから臨床心理士資格を取得するまでにかかる費用と期間

民間のスクールを利用する場合の目安は2~3年です。
私自身、学び始めから約2年で心理の仕事をスタートしましたが、始めの半年は集中してスクールに通い、その後の1年半はアルバイトで1人暮らしの生計を立てながら研修やトレーニングに参加しています。

心理カウンセリングが出来るようになるためには

  1. 心理学の知識・スキルを学ぶ時期
  2. ラポールが築ける傾聴スキルを身に付ける時期
  3. 各種心理療法をトレーニングする時期

と段階的にスキルを身に付ける必要があるので、どうしてもこれくらいの期間は必要です。

それまでの経験を活かして人によってはもっと短い期間でプロになる人もいますが、人は急に変われないものなので、まっさらな状態から2年以内にプロを目指すのはきついです。

何をもって「プロのカウンセラー」ですか?

明確な基準はありませんが、何らかの心理資格を取得したらプロなのではなく、話しを聴くか、講座等で情報を提供した時点で金銭が1円でも発生していればプロだとみなされます。他の業種もプロかそうでないかの基準は、金銭が発生するか否かが判断基準とされる事が多いです。

金銭を頂いたとしてもカウンセラー自身で納得行かないレベルのスキルだと、クライアント(相談者)の満足度も弱いので、続かないと思います。

プロの心理カウンセラーになるまでの費用は合計でどのくらいかかりますか?

民間のスクールに通学する場合、最低でも50万円は考えておいたほうが良いです。

私自身プロとして10年以上活動してますが、様々な講座を受講したり、海外でカウンセリングを受けたりしたすべての費用を合わせると300万円は超えています。もちろん仕事で元は取り戻しています。

受講費用は自分自身への盗まれる事の無い財産・投資のようなものだと思います。

カウンセリングスキルは仕事として使えるだけでなく、自己肯定感が高まって生きやすくなったり、コミュニケーション力アップ、ストレスマネジメント力アップなどのメリットもあります。今の自分に有益と感じられる勉強にお金を使うのが良いと思います。

心理カウンセラーになるには英語は必要ですか?

日本人がクライアント(相談者)である限り、不要です。

臨床心理士資格取得を目指すのであれば、大学院入試で英語が必須となるため、英語の勉強は必要です。

カウンセラーは話しを聴くだけですか?

カウンセラーによって異なります。

本当に傾聴だけの人もいますし、心理療法を使ったり、情報提供・アドバイスをするカウンセラーも多いです。

特にうつやひきこもりからの回復については、問題解決のために具体的にどう行動するのが適切か?がポイントになってくるため、話を聴くだけでは難しいです。

カウンセラーと普通の人の聴き方の違いは?

プロは傾聴のレベルが違います。悩みを聴いていきなりアドバイスをしたり、良い悪い・正しい間違っているといった評価をしないので、会話をしていて素の部分が浮き上がってくる感じです。

特に人生で繰り返されているパターンがあるような時は、自分自身でも何が原因なのか掴みかねますが、訓練を積んだカウンセラーであれば、問題の根本を共に考える事ができ、生き方の改善に繋がります。

カウンセラーに会うと心の内まで読み取られそうで怖いです

心理カウンセラーは、他の人に比べて確かに「察する」のは得意です。カウンセリング時は、相談者の言葉の内容を的確に聴き、目と顔の表情、姿勢や声のトーンなどに意識を集中して「なんとか理解しよう」と思いながら傾聴しているので、ある程度はその方の事を察せます。

ただ、それですべてがわかったり、クライアントと全く同じ気持ちがわかるのかというと、ハッキリ言ってわかりません。わからないからこそ、気になる点を聴いたり、クライアントの方に意識を集中して何とか少しでもわかろうとしながら聞いています。

ですので、「汲み取る」事は得意ですが、「心の内を読み取る」ことは心理カウンセラーには出来ません。ご安心下さい。

カウンセラーや臨床心理士が統合失調症等の病名をつけたり、発達障害(ADHD)と診断することはできますか?

出来ません。カウンセラーが出来るのは「心理カウンセリング」です。特定の疾病名、障害名を断定する事は出来ません。それが出来るのは医師のみです。

「発達障害の傾向があるので、1度病院で診断してみて下さい」とその可能性がある事は伝えられます。

今現在ひきこもりでもカウンセラーになれますか?

不可能ではありませんが、難易度はかなり高いです。

というのも、ひきこもりになった要因として対人恐怖が関係していることが多いですが、カウンセラーは相談者にしっかりと関わる必要があるためです。

ただ、カウンセラーという職業の特徴として、ひきこもりの体験が同じような状況の人に役立てられるのは間違いありません。

カウンセラーとしての聴き方がどんなものなのか、体験講座を開催しているスクールもあります。体験してみて「やりたい!」と感じられたら、深めていけば良いです。

ひきこもりなので受講料を稼ぐのが辛い・・・と感じられるようであれば、今はカウンセラーという職業にこだわる必要は無いと思います。

お勧めのスクールはありますか?

プロを目指すのであれば、60分以上のカウンセリングが出来るようになるという事でもありますので、60分以上のカウンセリングロールプレイトレーニングを実施している所、(それをトレーナーが見ていて、後で改善点を教えてくれる所)がお勧めです。

各地域ごとに様々なカウンセラー学校があり、↓から一括で資料請求できます。(無料)
是非比較検討してみて下さい。

資格資料一括請求(無料)はこちら

様々な心理学スクールのロゴ


ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性

記事一覧を見る


投稿日:2017年2月10日 更新日: