心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

TA交流分析とは

TA交流分析とは、

  • 人の行動パターン、
  • 不快なコミュニケーションのパターン、
  • 人生で繰り返し起こしてしまう失敗のパターンがなぜ発生するのか

に着目し、その改善や、より良い人間関係の形成、生きやすさを作るのに役立ちます。

1950年ごろにアメリカの精神科医のエリック・バーンが創始した心理学です。T=Transactional(交流) A=analysis(分析) の略です。

他の心理療法、(例:行動療法やアートセラピー)には人によって向き不向きがありますが、TA交流分析は、人の普遍的な面に焦点を当てているため、向き不向きはほとんどありません。そのため世界中で使われています。日本では企業が採用の際に、TA交流分析の心理テストを使う事も多々あります。

カウンセラー養成スクールもTA交流分析を講座に組み込んでいるスクールは、非常に多いです。TA交流分析関係だけで3講座程度は当たり前で、中にはこれだけで15講座程度の専用コースがあるスクールもあります。

専門の資格も日本交流分析協会、日本交流分析学会からそれぞれ確立されています。
交流分析士資格-協会・学会各発行まとめ

このカテゴリーでは、そこまで多くのスクールで採用されているTA交流分析とは何なのか?どんな風に使える、役立つのかを解説します。

TA交流分析の中の代表的なプログラム

TA交流分析で特に代表的なプログラムは以下の3つです。

TAエゴグラム

エゴ=自我、グラム=図表、の意味合いがあり、TAエゴグラムでは人の自我状態を図表化できます。

どんな風に図表化するのかというと、50問程度の質問に答え、それを使ってグラフを作成します。もちろんグラフの形は人によって様々な形になります。ペーパーを使いますので、TAエゴグラムは質問紙法とも言われています。自分自身や身近な人の行動パターンを、目に見える形で現せます。

TAエゴグラムでは、人はそれぞれ5つの自我状態があると考えています。

やさしい母親のイラスト

TAエゴグラムとは|人の行動パターンが目に見えてわかる心理テスト

TAエゴグラムは、TA交流分析のプログラムの中の1つです。エゴ=自我、グラム=図表、の意味合いがあり、人の自我状態を心理テストを使い図表化します。 どんな風に図表化するの ...

続きを見る

ゲーム分析

心理学的には変わった名前ですが、「ゲーム分析」は正式名称です。ゲーム分析は人がハマりやすいコミュニケーションのパターンを分類化しています。そのハマりやすい不快なコミュニケーションをゲームと呼んでいます。ゲームを仕掛ける理由の理解を深め、そこから抜ける、ハマらない方法を掴めます。

ゲーム分析とは|不快なコミュニケーションのパターンを掴み、変える心理学

ゲーム分析とは、人がはまりやすい不快なコミュニケーションのパターンを分析し、その改善に役立てるための心理学です。 TA交流分析のプログラムの1つになります。 いつも目の上 ...

続きを見る

脚本分析(人生脚本)

TAエゴグラムは人の行動パターン、ゲーム分析ではコミュニケーションのパターンを分析化して問題解決や生きやすさに繋げますが、脚本分析では「人生のパターン」を分析化します。

特に気付かないうちに何度も繰り返してしまう自己否定(自分をダメだと思う)に繋がるパターンの原因を見つめ、改善します。

脚本分析(人生脚本)とは|無意識に繰り返される人生のパターン

脚本分析とは、無意識のうちに繰り返してしまう人生のパターンを分析し、改善していくためのものです。 例えばいつも恋愛で同じような別れ方になったり、仕事で同じような辞め方を繰 ...

続きを見る

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーでは、米国NLP協会認定の心理資格が取得でき、全国30校舎、少人数制で学べます。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性