社会人向け心理学の学び方5つ|簡単に始められるものから紹介

投稿日:

心理学やコミュニケーションは生きる上で常に使えるものですが、義務教育には組み込まれていません。

社会人になって様々な人と接する機会が増えると、人の心理について知りたい欲求も出てきます。心理学を学ぶ動機としては主に

  • 人の心に興味・関心がある。自分の心をもっと知りたい。
  • 自分を癒やしたい。セルフメンタルケアに関心がある。
  • 悩みを抱えている人の役に立ちたい。

に分かれると思います。

この記事では上記3つの目的をすべて満たせ、今すぐ始められる心理学の学び方を紹介します。

HPの心理学系の記事を読む 独学

当サイトの心理学・療法カテゴリでは、メジャーな心理学を解説しています。

初めての方にお勧めなのは、TA交流分析です。
世界中で幅広く使われており、人の行動パターン、不快なコミュニケーションのパターン等が学べます。

自分を癒やしたい、好きになりたい方は、↓の記事を是非ご覧下さい。

上記記事はTA交流分析のプログラムの1つ、脚本分析とカウンセリングの考え方をベースに書いてます。

本で学ぶ 独学

これも手軽にできて良いのですが、心理学関係の本はとにかくわかりにくい物が多いです。私自身が実際に読んでみて、わかりやすい本を↓にまとめました。

特にユング心理学(夢分析等で心の深い部分を知るための心理学)や森田療法(不安障害の克服によく使われる)は本ではなかなかわかりにくいので、読んでみてそう感じられたら、一旦置いておいて、また学びが深まった後で読んでみるのをお勧めします。

通信課程で学ぶ サポート有

学んだ証として心理資格が欲しい方向けです。

通信で取得できる心理カウンセラー資格まとめで一覧を紹介していますが、中でも人気が高いのはメンタル心理カウンセラー資格で、平均2ヶ月、合計34,650円で資格取得できます。

通信は自分のペースで手軽に学びたい方に向いています。コミュニケーションスキルを高めたい方・心理の仕事に関心がある方は、民間のスクールでの学びが良いです。実践的に学べます。

民間のスクールで学ぶ サポート有

特徴としては対面で講座を受けられるので、上記の本や通信よりもわかりやすく、傾聴やカウンセリングのワークを体験できます。そのため、

  • 自分の心の深い部分を掴みやすい
  • コミュニケーションスキルが身に付きやすい
  • 同じような目的を持った人に会える
  • 同じような悩みを持った人の話しが聞ける(講座・スクールによる)
  • スクールによっては仕事の紹介がある

というメリットがあります。その分費用は約20万円~とかかりますが、ほとんどのスクールで単発で参加出来る体験講座が実施されていますので、まずはそちらへの参加をお勧めします。こちらからお住まいの地域毎にスクール資料を無料で取り寄せられますので関心のある方はどうぞ。

大学の通信課程で学ぶ サポート有

大卒資格が欲しい方向けです。社会人も通信課程の大学で学べますが、スクーリング(対面での講座)は年10日ほどで大学の講義ですので、自分を癒やしたい、コミュニケーションスキルを高めたい方向けとはいえません。

費用は4年間で約100万円。通信だとどうしても自主性が重視されるため、卒業率は50~70%と高くはありません。

まとめ

社会人向けの心理学の学び方として、手軽にやれるものから

  1. HPの心理学関係の記事を読む
  2. 本で学ぶ
  3. 通信課程で学ぶ
  4. 民間のスクールで学ぶ
  5. 大学の通信課程で学ぶ

を紹介しました。

心理の学びの最も良いところは、自分自身の見方や価値観が広がる事で楽になったり、他人への接し方・感じ方が変わって人間関係がスムーズになったり、生きやすくなる所だと思います。

もちろん家族との関係も良好になるので、興味のある方は早めにやってみるのをお勧めします。


ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性