カウンセラーが受けるスーパービジョンとは

投稿日:2016年7月2日 更新日:

笑顔の女性心理カウンセラー

スーパービジョンとは、自分が行ったカウンセリングに対して、より良い方法はなかったのかを先輩カウンセラーに相談し、カウンセリングスキルを上げるためのものです。

カウンセリングはカウンセラーとクライアント(相談者)の1対1で行います。1人でカウンセリングを行っていると、特にプロになりたての頃は「これでよかったんだろうか?」「もっと役に立つために何か他にやれることはなかったんだろうか?」という思いが出てきます。

スーパービジョンがあることで、クライアントにもより納得してもらえるカウンセリングになりますし、カウンセラーにとってもスキルアップに繋がります。

特にカウンセリングは、どのシチュエーションでどんな質問をしたか、クライアントがどんな状態の時に、どんな心理療法を提供したかで結果が大きく変わります。スーパーバイズを受ける事で、クライアントに本当に納得してもらえる方向性を新しい観点から教わることも多いので、カウンセラーにとっても貴重なものです。

スーパービジョンはスーパーバイズと言うこともあります。受ける側を「スーパーバイジー」、指導者側を「スーパーバイザー」と呼んでいます。

グループでのスーパービジョン

スーパーバイザーが1人、自分のカウンセリングケースを持っている人が複数で参加する、グループでのスーパービジョンもあります。

他の人のケースが聞けて参考になる、料金がマンツーマンより安くなるというメリットはありますが、そのグループでの守秘義務が徹底されていて、信頼出来るグループである必要があります。というのも、もし自分の担当しているクライアントの事例が、他のカウンセラーのHPに無許可で掲載されていたりすると、自分のクライアントから信頼を大きく失ってしまうからです。

ケースカンファレンスとの違い

カウンセリングにおけるケースカンファレンスは、基本的にプロのほぼ同じレベルの人同士が集まります。

自分のひっかかっているケースをその人達に話すことで、他の人の対策や観点を聞きスキルアップに繋げます。もちろんその場の全員が守秘義務を遵守する必要があります。

スーパーバイズよりも料金はかかりませんが、自分とレベルが近いため、良い案が出ないこともあります。

スーパービジョンの料金

誰にスーパービジョンを受けるかにもよりますが、大体カウンセリングと同じ料金が相場です。60分6,000円~10,000円程度です。

スーパーバイザーの探し方など

基本的に自分がカウンセリングを習った人がスーパーバイザーになることが多いです。自然な流れですね。お世話になる方との関係、大切です。

ちなみに、スーパーバイザー(指導者側)は、スーパーバイジー(受ける側)よりも経験豊かでスキルが上であることが求められます。スーパービジョンを求められて適当な事を答えていたら、より良いカウンセリングに繋がらないので当然です。基本的に双方の関係は付き合いが長い事が多いので、一般的なカウンセラーとクライアントよりも強いラポール(信頼関係)がかかっていることがほとんどです。

ただ、スーパーバイジーが段々力をつけてくると、スーパーバイザーにとっては、スーパービジョンが徐々にプレッシャーに感じられます。常にスーパーバイジーを超える観点・その人には無い観点を提供できないと、師弟関係が崩れる事にもなりかねないからです。

ですのでスーパービジョンがあることで、クライアントにとってもより良いカウンセリングを受けれる、カウンセラーにとっても・スーパーバイザーにとってもスキルアップに繋がるというメリットがあります。


ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性