ホームページをワードプレスで作成した時のお勧めプラグイン8つ

2020年4月3日

ホームページ作成ツールのワードプレスではプラグインという拡張機能を使う事で、様々な機能をとても簡単に加えられます。

プラグインは無料で高機能なものが多いですが、入れすぎるとサイトの動作が重くなるため、必要最低限に留めておくべきです。

このページでは特にカウンセリングルームのホームページをワードプレスで作成した時のお勧めのプラグインを紹介します。もちろんすべて私も導入しています。

プラグインの追加方法

非常に簡単です。

ワードプレスのダッシュボードを表示させ、左の項目の「プラグイン」にマウスを合わせて「新規追加」をクリックします。

プラグイン追加説明画面1

続いてプラグイン画面の検索欄に追加したいプラグインを入力すると(コピーペーストをお勧めします)、下に候補が出てきますので、追加したいものの「今すぐインストール」をクリックし、「有効」をクリックするだけです。

プラグインを検索して追加する画面

必ず入れるプラグイン4つ

  • Contact Form 7
  • Google XML Sitemaps
  • WP Multibyte Patch
  • BackWPup

Contact Form 7

問い合わせフォーム、予約受付フォームを加える事が出来るプラグインです。これがあると24時間予約を受け付けられるため、カウンセリングルームのHPには絶対に欠かせません。

当サイトのフォームはとても簡素ですが、これを使っています。

詳細なカスタマイズ方法はContact Form 7をプロ級フォームにカスタマイズする方法がわかりやすいです。

設定に慣れないうちは時間がかかると思いますが、1つ1つやって慣れていけば大丈夫です。自動返信メールにも対応しています。

WP Multibyte Patch

ワードプレスで文字化け等が起こらないようにするためのプラグインです。

以前はワードプレス本体に同梱されていました。入れないとバグが出る可能性もあるため、私自身すべてのサイトで入れています。

インストール→有効するだけでOKで、特に設定は必要ありません。

Google XML Sitemaps

Google、Yahoo等の検索エンジンに自分のサイト構成(サイトマップ)を伝えるためのプラグインです。

SEO(検索エンジン最適化)のために入れています。

これもインストール→有効にしたあとは特に細かい設定は必要ありません。

BackWPup

ワードプレスのバックアップを取っておくためのプラグインです。

書いた記事のバックアップ、カスタマイズしたテーマファイル等、すべてのバックアップが取れます。週毎、月毎などバックアップの期間も設定でき、自動でバックアップを取ってくれる優れものです。

設定方法はBackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法が参考になります。

バックアップファイルの保存先は、私の場合は安全性を考慮してドロップボックスというオンラインストレージに設定してます。

ドロップボックスはベーシックプランであれば無料で使用でき、信頼性も高く、セキュリティもしっかりしています。

こちらからドロップボックスの無料版をインストールすると、通常の2GBに加えて500MB多く使用する事ができ、お得です。

補足で入れるプラグイン

  • Flamingo
  • Akismet Anti-Spam
  • EWWW Image Optimizer
  • AmazonJS

Flamingo

Contact Form 7で送信されたデータ(メールアドレスやメッセージ等)を、ワードプレスの管理画面から見ることができるプラグインです。

Contact Form 7を使ったフォームから送られたメッセージは、設定した管理人のメールアドレスに届きますが、大事なデータですので私自身ワードプレス上にも保存できるこのプラグインを使用しています。

特に設定は必要ありません。

Akismet Anti-Spam

ワードプレスのコメント欄を開放している場合、スパムメッセージが届きますが、それを防ぐためのプラグインです。コメント欄を開放していない場合は入れる必要はありません。

設定方法はAkismetの最新の設定方法が参考になります。

EWWW Image Optimizer

画像を軽くして、ページの読み込みを早くするために使用しています。

画像を多く使用している場合、ページの読み込みがどうしても遅くなります。このプラグインを使うと、Webpという読み込みが早い画像フォーマットに自動変換してくれます。

必ずしも必要なプラグインではないため、設定はあるていどワードプレスのカスタマイズに慣れてからでも良いと思います。

EWWW Image OptimizerでWebPを利用してWordPressを高速化

AmazonJS

アマゾンの本や商品を紹介する時に見栄えのするデザインで表示できるプラグインです。

心理カウンセラーを目指す方におすすめの読みやすい本11選の記事で紹介している本は、こちらのプラグインを使って表示させています。

アフィリエイト(成果報酬型広告)にも対応しており、このリンクをクリックして購入された場合、購入金額の3~8%の報酬がアマゾンからもらえます。ちなみに上記記事で紹介している「プロカウンセラーの聞く技術」の本は該当リンクから年間100冊程度売れています。

アフィリエイトの評判は一般的にはあまり良くありませんが、購入者への負担は一切無いため、アマゾンの商品を紹介するのであればお勧めのプラグインです。※アフィリエイト報酬を得る場合、別途アマゾンアソシエイトの登録が必要になります。

設定方法はこちらの記事がわかりやすいです。

まとめ

その他発リンクが多いサイトには、「Broken Link Checker」というリンク切れ(リンクを張ったページが表示されなくなっている状態)を教えてくれるプラグインを入れています。

ワードプレスのプラグインは大変便利なのですが、プラグイン同士の相性等で思わぬ挙動を起こしてサイトが表示されなくなる場合もあるため、必要最低限に留めておくのをお勧めします。

また、セキュリティのためにプラグインが更新されたら最新の状態にしておくべきです。


ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に29校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓から無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性

-ホームページ関係

Copyright © 心理カウンセラーの種 , All Rights Reserved.