電話カウンセラーとして活動する方法4つ

 2016年5月7日  

電話カウンセラー

電話カウンセラーとして活動しておられる方は多いです。主な活動方法を4つ紹介します。

1 ボイスマルシェにカウンセラー登録する

ボイスマルシェの宣伝ではありませんが、サイトを見る限り非常に活発な感じがします。

ボイスマルシェhttps://www.voicemarche.jp/

登録しているカウンセラーは2017年現在で約500名。臨床心理士資格は無く、民間のカウンセラー養成スクールで学ばれた方も多いです。カウンセラーは女性限定。ボイスマルシェは利用者の声(カウンセラーへの評価)をとても大切にしています。

利用する側にとっても時間になると電話が自動的に切れる仕組みなので、余計な金額を請求される心配もありません。サイト全体から、信頼性をとても大切にしていると感じます。

2 命の電話でボランティアとして活動する

いのちの電話http://www.find-j.jp/

命の電話はボランティアですが、誰でも出来るわけではありません。1年間(トータル約100時間)の研修を受ける必要があります。研修費用は、5~6万円程度。

いのちの電話の歴史は非常に長く、1953年にイギリスで発祥し、日本では1971年から活動を開始してます。

無償でご自身の時間と、お金を使って他人のために活動する事は素晴らしいと思います。誰にでも出来ることではないです。

いのちの電話の特徴は、なんといっても全国ほとんどの都道府県に活動の場所があるということだと思います。時間とお金に余裕があって、悩みを抱えた人に貢献したいという方は、詳細をチェックしてみて下さい。

3 ハローワークで公募されている電話相談員として活動する

決して数が多い訳ではありませんが地方自治体などが、年度末前に電話相談員を募集している事があります。時給は地域によって変わりますが、1000円程度。臨床心理士資格を必須としてない場合も多いので、関心のある方は募集状況をネットでチェックし続けてみて下さい。

4 個人で活動する

個人でHPやブログを運営されていて、集客も個人でされている方もいます。

電話カウンセリングの良いところは、全国からの集客が可能という点です。地方に住んでいると、対面だとどうしてもその地域に住んでいる人に限られます。

自身の都合の良い時間に出来るという点も大きなメリットです。どこかに丸一日勤めるのが難しい主婦の方が、取り組みやすいウンセラーとしての活動方法といえます。

電話とはいえ、適切にカウンセリングすれば悩みを抱えている人の救いになることは間違いありません。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性