高卒で社会人になってから心理カウンセラーになるには|簡単な方法から解説

投稿日:2015年7月13日 更新日:

高卒の方や主婦の方も心理カウンセラーとして活動することは可能です。

何をもって心理カウンセラーなのかという明確な基準はありませんが、プロとしてお金を頂ける状態とします。何らかの心理資格を取得しただけでは心理カウンセラーとは言い難いです。

何らかの心理資格取得後に仕事を得ますが、簡単に取得出来るタイプほど仕事の安定感は低いです。

この記事では高卒の方、主婦の方が取得しやすい心理資格と、その後の仕事について解説します。

通信課程で資格取得する場合

最も手っ取り早い方法がこれです。

通信で非常に人気の高いメンタル心理カウンセラー資格取得までの期間は約2ヶ月、費用は34,130円です。実際にこの資格を取得し、独立開業して仕事を得ている人はいます。

デメリットとして、

  • 通信課程で完結するのでスキルが身に付きにくい
  • スクールから仕事の紹介は無く、自分でブログやHPから仕事を得る必要がある

点です。ただ、非常に安価で資格取得出来るので、仮に自分で仕事を得られなかったとしても他業種と比較するとローリスクです。たいした赤字にもなりません。

資料請求(無料)はこちら

とりあえずやってみて、もっときっちりカウンセリングを習いたいと感じられたら通学のスクールを活用するのも1つの手です。

資格取得が目的であれば通信が簡単ですが、プロとして活動するのが目的であれば、通学のスクールの方が適切です。通信と比較すると費用がかかりますがその分仕事の幅も増え、プロとして活躍している人は段違いに増えます。

民間の養成スクールに通学する場合

それぞれのスクールの講座やトレーニングを受講後、各団体の認定資格を取得し、仕事を得ます。

学びの中で実際にカウンセリングの様子を見れたり、プロから直接アドバイスをもらえ、必要な知識やスキルを効率的に学べます。プロになるまでの平均的な期間は2年間程度、費用は30万~50万程度が平均的です。

デメリットとしては民間の心理資格は、大卒必須の心理資格と比較すると、認知度がどうしても低いです。

その分カウンセラーとしての実力や、社会性、信頼性が求められる世界でもあります。個人で独立する場合は、クライアントさんに魅力を感じてもらえるような経営力も必要になります。

民間のカウンセラー養成スクールに通って資格取得した場合、次のようにプロとして活動している方がいます。

1 そのスクールが紹介しているカウンセリングの仕事を行う

スクールによっては、公的機関や専門学校、企業などからカウンセリングの仕事を請け負っているところがあります。カウンセリングの仕事は期間や収入など、不定期で安定しないところは多いですが、経験や実績を積む上で貴重な現場といえます。

2 そのスクールに務める

民間の養成機関を修了した場合、受講したそのスクールで非常勤のカウンセラーや、カウンセリング講座の講師、スクールのスタッフとしてプロのカウンセラーになるという道を作れます。

関連:カウンセリングスクールに務め、プロカウンセラーとして活動する

3 カウンセラーとして独立する

ご自身で開業する方法です。独立開業カテゴリーでも紹介していますが、開業して1人でカウンセリングの仕事を行っているカウンセラーは、かなりいます。

スクール修了後すぐに独立することも出来ますが、まずプロとして何らかの経験や実績を積まれ、スキルアップしてから独立されるほうがクライアント(相談者)の方に納得・満足してもらえる仕事が出来ます。いきなりカウンセリング1本で独立するよりは、他の仕事と兼業し、メドがついてから独立するほうが安全です。

4 資格取得後、ハローワークなどで募集している仕事にエントリーする

ハローワークで募集している心理・カウンセリングに関する仕事では、大卒必須の心理資格が必要でないものも多いです。電話相談員やDVの相談員等も公募されています。

認知度の高い心理資格を取得する場合

これから紹介する2つの資格は、いずれも学歴を高卒から上げる必要がありますが、その分仕事を得やすくなる資格ですので、選択肢の1つとして紹介します。

高卒から公認心理師になるには

公認心理師は国家資格で、信頼性はNo1です。最短最安の方法としては、

  1. 通信課程の心理系大学を卒業する
  2. 最低2年間(標準3年)の実務経験を満たす
  3. 国家試験に合格する

です。大学入試というと大変なイメージがあるかもしれませんが、実は通信課程の心理系大学なら入学は非常に簡単です。入試は無く、書類選考のみで合格率も高い所がほとんどです。ただし、卒業率は50~70%と高くはありません。期間は当然4年間かかりますが、通信だと費用は4年間で合計100万円程度が平均ラインです。(学費のみ)

この資格を取得できた場合、仕事の幅が広がります。タイミングが良ければ、病院に社員のカウンセラーとして就職出来る率も格段に上がります。
詳細:3分でわかる「国家資格・公認心理師になるには」必要な費用や期間

高卒から臨床心理士になるには

臨床心理士資格は、民間資格としては認知度が最も高く、仕事も得やすいです。

こちらは受験資格として大卒だけでなく、指定大学院を修了する必要があります。大学は心理学関係に限らず、とにかく4年制大学を修了していればOKです。

詳細は社会人になってから臨床心理士資格を取得するまでにかかる費用と期間をご参照下さい。

大学だけではなく大学院の修了が必須ですので、高卒の方にとっては公認心理師を取得するよりも費用がかかり、お勧めできません。

主婦の方が心理カウンセラーになるには

上記で紹介した方法ももちろん可能ですが、労働時間が短めだと公認心理師や臨床心理士を取得しても、取得費用を取り戻すまでに時間がかかります。

比較的多い活動方法としては、民間のスクールで資格取得後、自宅の一室や貸し会議室を使って個人で活動するやり方です。この場合のネックは集客を自分で行う必要がある点ですが、広告ではなくブログを使って集客すると広告費がかかりません。アロママッサージや、占いと組み合わせて活動している人もいます。

独立して仕事をするメリットとしては、労働時間を自由に設定出来る点です。集客が肝になりますが、仕組みを作れば定年無く働けます。客層は同じ主婦層にすると、子育てや家族関係の悩みに共感しやすいです。

民間のスクールでの主婦の割合

実際にスクールの体験講座等に行ってみるとわかりますが、主婦の方の割合は非常に高いです。

もちろん学んでいる主婦の方すべてがプロを目指している訳ではなく、子育てに役立てたり、自分を癒す目的で学んでいる人もいますが、私が通学していた時は4割程度の方が主婦でした。

話し相手サービスであれば、仕事へのハードルが一段下がります。

話し相手サービスの聞き手になる

話し相手サービスは、対面での会話ではなく電話で話を聞くサービスです。厳密にはカウンセリングではないのでカウンセラーとはいえないのですが、近いサービスとして紹介します。

特徴としては就業までの難易度が低い分、ギャラも安いです。いずれかに雇われた場合、1時間話を聞いて、1,000円が相場です。

ただ、ご自身の都合のつく時間だけ受付可能に出来るため、主婦の方向けで取り組みやすい仕事といえます。時間と仕事量を自分で調整出来ます。また、たとえどこかが雇ってくれなかったとしても、少ない費用で独立開業しやすい業種です。

詳細:話し相手サービス(愚痴聞き)のプロになる、独立開業する方法

どのルートを選ぶべきか

公認心理師は国家資格ですが、実技試験があるわけではないため、スキルが身に付くかどうかは不明確です。

しかし高卒の方で比較的年齢が若く、収入面などの将来的なことを視野にいれた場合は、この資格を選択肢の1つとして考えてもよいのではないでしょうか。

公認心理師資格が無くとも民間のカウンセリングスクールに通い、カウンセラーとして活動している方は多くおられます。ご自身の生き方の1つとして、カウンセリングをやっていきたいと考えておられる方には、民間のカウンセラー養成スクールがおすすめです。

ただ、高校を卒業してすぐに民間のスクールに通うという方法はあまりおすすめできません。相談者の立場からしても、社会経験の多いカウンセラーのほうが信頼しやすいものです。何らかの職業を経験しているほうが、社会性や一般常識(顧客や目上の方への対応や言葉使いなど)も身に付きやすいですし、カウンセラーとして活動するときにもその時の経験が必ず役立つからです。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性