カウンセラー養成スクールのスタッフ、心理セミナー講師になる方法

2015年6月3日

カウンセラーとして働くために、入学したスクールのスタッフ、心理講座の講師になる方法があります。講師とスタッフを兼任するケースもあれば、非常勤で講座、カウンセリングを担当するケースもあります。

私自身今は独立開業していますが、学んだスクールのスタッフとして働いた時期があります。

基本的にどのスクールのスタッフも、元受講生です。受講生はそのスクールの講座内容や仕組みを理解してますので、自然な流れです。

広き門とはいえませんが、

  • 働きながらカウンセリング力を磨きたい
  • 入学したスクールの講座がおもしろい
  • 自分も入学したスクールの先輩のようなカウンセラーになりたい

という方に向いている働き方です。

仕事内容について

基本的な仕事内容はどのスクールも同じです。

  • カウンセリング講座の講師
  • そのスクールでの研修講師
  • 対面でのカウンセリング
  • スクール運営に関する事務(電話応対、ちらし・書類作成、営業など)

スクールのスタッフになるには

そのスクールの研修生全体に募集がかけられる事もありますが、基本的に募集は少数のため、スタッフ側から活躍してくれそうな研修生に声をかけるケースが多いです。

当然ですが顧客(受講生)の役に立てる力が必要ですので、そのスクールのトレーニングに真剣に取り組めば声をかけられる可能性が高まります。

スクールによっては非常勤のカウンセラーや、講座の講師を募集しているところもありますので、まずはそこからエントリーするのも1つです。

特に大事なのは、講座やトレーンングを受けている時にお客様意識で受けるのではなく、次は自分が提供する側に立つ意識で受ける点です。

お金を払っているのだから、これくらいのサービスを受けて当たり前という意識で参加するとどうしても受け身になりますが、プロとして提供する側の意識で参加すると、得られるものが多くなります。

心理セミナー講師になるには

講師トレーニングが開講されているスクールであれば、そこに参加してスキルアップし、講座ができるようになればOKです。

ちなみに私の場合は、研修として講座のアシスタントに継続して入っていて、ある程度の実力がついてきたところで講座の前説として5分程度担当させてもらいました。

前説の数をこなし、さらに力がついてきたところで講座の一部分(15分程度)を担当させてもらい、少しづつステップアップさせてもらえました。

講座の種類によって、初めての人でも話しやすい心理学のカリキュラムと、伝えるためには経験がかなり必要な心理学のカリキュラムがありますので、講師初心者にお勧めのカリキュラムも合わせて確認しておくと講師デビューが早いです。

実際のスタッフがスキルアップしているかどうか

スクールに務める1番のメリットは、働きながらカウンセリング力をアップさせることが出来る点です。

あなたがいずれかのカウンセリングスクールに入学後、スタッフになることを考えていたら、そのスクールのスタッフになりたての方(なってから1~2年)がスキルアップできているかどうかを確認してみて下さい。

具体的に見るポイントは、スタッフになってから担当出来る講座や研修の数が増えているかどうかがわかりやすいです。

もし出来る事が増えていないのであれば、単に事務作業に追われているだけです。

カウンセリングに関する仕事が出来ればそれで良いのであれば問題ないですが、スタッフになり、スキルアップしたい方には不向きなスクールです。

年収、給料、勤務形態について

スクールスタッフの場合

スクールや役職によって変わりますが、スタッフになりたての時は、日給5,000円から月収20~25万円が目安です。

収入よりもカウンセラーとして経験を積んだり、仕事のやりがいを重視している方向けです。

セミナー講師の場合

講師になりたての場合、目安は1講座90分で3,000~6,000円です。もちろん講師のレベルによって収入は変わります。

勤務形態は、非常勤講師だと月10回でも多いレベルです。そのため兼業、副業でやっている人も多いです。

独立して自分で集客した場合

仮に90分のセミナーで1人3,000円で10人集客できれば、30,000円-経費(会場費:3,000~5,000円程度)です。

講座前後の準備、撤収の時間を含めても、2時間半で25,000円程度の利益になります。

期間をおいて同じ内容で開講することが可能ですので、講座が出来るとマンツーマンのカウンセリングよりも稼ぎやすいです。

集客は、無料で登録・告知できるこくち~ずが簡単です。開講2ヶ月前には告知しておいた方が良いです。

また、新聞の地方紙だと無料でセミナーの案内を掲載してくれるところもありますし、自身のホームページやメルマガ、SNSからも集客できます。

カルチャースクールを利用する

カルチャースクールによっては心理学やコミュニケーション講座の講師を募集しているところもあります。「お住いの都道府県 カルチャースクール」で検索してチェックしてみて下さい。

自分で集客せずにすむのがメリットですが、その分収入は自分で集客した場合と比べると落ちるため、あまりお勧めではありません。

まとめ

カウンセリングスクールのスタッフは、独立開業するよりも収入が安定しています。

入学前の無料のスクール説明会や体験講座などで、そのスクールのスタッフが、信頼出来る・力のある・心に触れてくるカウンセラーかどうかをしっかりと見極めておく事が大切です。

目指される方は、受講中から「次は自分がこの講座を話す」という思いで受講すると、習熟度も高いです。

また、講師を目指すメリットとして、話す内容をまとめていると、その心理学や心理療法の理解がより深まる点です。自分が理解していないと伝えられないので当然ですが、勉強になり稼ぐ力も身に付いて一石二鳥です。

参加者にとっても、対面のカウンセリングよりは、複数人の講座のほうが気軽に参加しやすいのも大きなメリットです。

関連:心理カウンセラーを目指した時の体験談|未経験からプロになるまで

無料でカウンセラー資料請求できます

↓から心理資格・カウンセリング講座の資料を無料で取り寄せられます。

様々な種類がありますので、ご自身に合うものをチェックしてみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に29校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非チェックしてみて下さい。詳細な資料も↓から無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性

YouTube始めました

心理学関係の役立つ情報をお届けします。

ユーチューブはこちら


-心理の仕事

© 2021 心理カウンセラーの種