心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

カウンセリング中にカウンセラーがメモを取るべきか否か

 

メモを取る女性カウンセラー

実際にカウンセリングを受けてみると、メモを多く取るカウンセラー、少し取るカウンセラー、全く取らないカウンセラーと分かれます。

カウンセラーとして話を聴いた際に、メモをとっておかないと忘れてしまう!という心配をされる方もいます。この記事では、カウンセリング中にメモを取るメリットとデメリットを紹介しながら、メモを取るべきかどうかを解説します。

メモを取るデメリット

メモとって何か悪いことでもあるの?と思われるかもしれません。しかし相談者の立場からすると、話をしていて頻繁にメモを取られると、あたかも事情聴取を受けているような気持ちになって内面(本当に感じている事)が出しにくいというデメリットがあります。

また、メモをとっている間はどうしてもカウンセラーの意識がクライアントから離れる(表情もわかりません)ため、つらい出来事を話したとしても、受け止めてくれないのではないか?という思いが出てきます。

実際に筆者が以前とあるカウンセリングを受けた際、その方は話を聞きながらパソコンのキーボードを打ってメモされていたんですね。実際にこちらの表情を見ていた時間は、カウンセリング時間の5%くらいに感じられ、正直話す気力が失せました。

メモを取り過ぎるとこうなってしまいますが、メモが有効に働く時ももちろんあります。

メモを取るメリット

1番のメリットは、会話を整理して相談者に伝えやすいという点です。カウンセラーのためのメモではなく、クライアントのためのメモという観点ですね。会話よりも図で紙に書いて説明したほうが、会話の全体像がわかりやすい事が多いです。特に悩んでいる時には頭が混乱している事も多いので、整理されたメモを見るとそれだけでスッキリ出来る効果もあります。

カウンセラーにとってのメモ

記憶力がいい人はメモをとらなくても、すべて覚える事が出来る人もいますが、筆者はキーワードや、クライアントの大切な価値観が出てくるとメモを取ります。特に価値観は、カウンセリングの方向性を左右する大切なものでもあるのでメモしています。「仲良くしないといけないと思う」とか、「憎んではいけないと思う」等は、カウンセリングではキーワードになります。

また、家族構成を覚えるのも苦手なので、メモを取っています。お子さんの年齢や性別、数、親御さんの年齢など、1回ではバチっと正直覚えにくいのでメモが効果的に働きます。

カウンセリング中にはあまりメモを取りませんが、終わった後にカルテとして会話の内容や雑談なども記録しています。これが次回のカウンセリングに生きます。

まとめ

カウンセリング中にカウンセラーがメモを取ってはいけないわけではありませんが、取り過ぎるとクライアントが話しにくいです。集中して聴いていると会話の内容はほぼ記憶出来ますが、忘れたり飛ぶこともあります。そんな時はまた聞き直すのも1つの方法です。

ただ、あまりにも同じ事を何度も聴いていると失礼にあたりますので、会話に集中しながらキーワードはメモを取るというスタンスがおすすめです。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性