心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

メンタルケアアドバイザー資格とは|特徴と取得までの流れ

 2016年12月26日  

メンタルケア・アドバイザーは、セルフ・カウンセリング協会が発行する通信で取得できる心理資格です。「メンタルケア・アドバイザー」と中間に「・」がつくのが正式名称です。

他の通信で取得できる心理資格に比較して、特に自己理解を深めることを大切にしています。

公式ページを見てみる

メンタルケア・アドバイザーとは

カウンセリングとは違い、クライアントへの関わりには一定のフォームがあります。

  1. クライアントがカウンセリングチャートに取り組み、探すのを見守る。
  2. そのチャートに従って、クライアントがどのような心の教育を受ければ良いか、またはどのようなトレーニングに取り組めば良いのかをアドバイスする。

引用元:セルフ・カウンセリング普及協会HP

使用するカウンセリングチャートは、40年以上前に、心理学者の渡辺康麿氏(玉川大学、立正大学教授歴任、前昭和女子大講師)によって創案されたものです。当協会のサイトによると、

フォーマットに記述する事で自分自身の価値観や、相手への関わり方が見えてくるもの

との事ですので、まずは通信課程で、自分自身でその良さを実感する事が不可欠だと感じます。

資格取得までの流れ

流れは非常にシンプルです。

  1. 課題提出(合計6回)
  2. 第6回(最終認定課題)で70%以上の成績を収める

平均的な取得までの期間は6ヶ月間です。

最終認定課題については通信ですので、もちろん教材を見ながら自宅で課題に取りかかれます。そのため、取得までの難易度は低いといえます。

取得にかかる費用

一括の場合、49,800円

12回分割の場合、月々4,400円(トータル53,086円)です。離島でも配送料はかかりません。

他の通信で取得できる心理資格に比較してやや高めですが、教材が充実しています。テキスト教材5冊とDVD教材5巻を使いながら学びます。

学べる内容

教材とDVDを使いながら、

  • セルフ・カウンセリング理論
  • セルフヒーリング
  • コミュニケーション・トレーニング

について学べます。

特色

この通信講座の特徴として、講師との「交流ノート」が用意されています。

書くことで自己理解を深めるのが狙いの資格ですので、その趣旨にハマっていると思います。実際にやってみて良いと感じれば、ご自身で他の人の支援をするときにも活かせます。

また、通信の資格にしては珍しく、5年毎に更新があります。※更新費用として3240円(税込)必要。更新は知識の維持を目的としていて、認定更新課題を提出する必要があります。

求人や就職について

当協会のサイトでは、特に求人や就職については公表されていません。通信で取得できる資格ですし、この資格を取得すれば仕事を紹介してもらえるような質のものではないと考えた方がよいです。

まとめ

メンタルケアアドバイザー資格の特徴は、書くことで自己理解を深める、それを促すところだと感じます。

通学ではなく、落ち着いて自己理解を深めたい、その上で心理の資格も取得したい方に向いている資格です。

興味のある方は、こちらからメンタルケア・アドバイザーの資格のみ資料請求(無料)できますのでどうぞ。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性