子育てが一段落し、何となく心が落ち着かない時の心理学的な理由2つ

 2015年8月31日  

子供が中学生高校生以上になってくると、精神的にも物理的にも親元から離れていきます。

子育てにかける時間も、幼い時よりは減ってきてパートに出る主婦の方も増えてきます。主婦の方にとっては、1人の時間がやっと取れる時期かもしれません。

今まで子育てや家庭のことに尽力してきたけれども、やっと一息つける時です。自分自身のことを考える時間が取れるこの時期に

自分は今のままで良いのだろうか?何となく心が落ち着かない・モヤモヤする

という不安を持たれる主婦の方は多いです。年齢でいうと30代~50代の方。

この記事では、なぜこの時期に心が落ち着かない・モヤモヤすることが多いのかを心理学的な観点から紹介します。

今までの人生の再構築を心が求めている

お子さんが幼い時には、お子さんと向き合う時間が必然的に多くなります。手を離れてくると、やっとご自身のことに時間を使え、ご自身のことを考える時間を取ることが出来るようになります。

この時期になんとなくモヤモヤする理由の1つは、それまでは取り敢えず置いておいた心の課題をなんとかしたいという思いの現れです。

心の課題とは

例えば

  • 幼い時に親に対して「わかってもらえなかったこと」が多く、その思いが湧き出る感じがする。それが身近な人間関係にも弊害を及ぼしている
  • それまでの境遇でどうしても自分の気持ちを抑えることが多く、「自分らしくいられない」という思い
  • 過去に我慢してきたことや、強い苦痛を受けたときの事

等です。

ご自身の状況が落ち着いてくると、それまでは心に蓋をしてきたことや、それまでの境遇で身に付けてきた生き方が、今は何らかの歪を生み出している事などが自然と湧き上がってきます。

こういった心の課題は、取り組める時期とそうでない時期があります。とにかくまずは心を休めることや、他の事に取り組む事が必要な時もあります。

状況や心が安定してくると、心に蓋をしてきたことが「何となく落ち着かない・モヤモヤする」という状態として現れてきます。

それに取り組むことでそれまでの思いが浄化されて、次の行動や自分にとって本当に大切な事・必要な事を考える余裕が出来たり、その体験を別の観点から見ることが出来て、その体験の新しい意味を見出すことが出来たりします。

しかしこの課程は自分1人だけで取り組むには、難しい一面があります。そしてそれが日常生活に支障をきたしているかというと、そうでない事も多いです。なのでこの時点でカウンセリングを受けに行く人は少ないです。

自分のキャリアを作りたい欲求

「旦那の奥さんという自分」だけでは嫌だという思いは、自然な欲求だと思います。もし旦那さんが突然亡くなったり、別れるようなことがあれば、そこから生きていく自信も同時に失われやすくなりますから。

例え自分1人になったとしても生きていけるようにしておきたいという思いから、なんとなく不安感が湧いてくる人は多いです。

まとめ

子育てが一段落し、何となく心が落ち着かない時の理由として

  1. 今までの人生の再構築を心が求めている
  2. 自分のキャリアを作りたい欲求

の2つがあります。

解決法として

上記2つの理由から、民間のカウンセラー養成スクールに通われている方の割合として、30代~50代の主婦の方は非常に多いです。

カウンセラーになろうとすると、必然的にまずは自分自身の心の課題に取り組む必要があります。でないと他人の心の課題に触れることは出来ないからです。

私自身が通っていたカウンセリングスクールには、本当にプロになりたいと思っている人は1~2割くらいで、その他の方は心理を学びながら心を癒やしたい・人生を再構築していきたいと思っている方々でした。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性