心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

カウンセラー養成講座選びで後悔しないためのポイント5つ

 2015年6月29日  

都市部では多くの民間のカウンセラー養成機関があります。ほとんどのカウンセリングスクールの通学費は、20~50万程度と決して安くないため、どのスクールが自分自身にとってよいのか迷うものだと思います。

一旦入学して、思ったようなスクールと違った場合、返金が効かないスクールのほうが多いです。

入学前に無料のスクール相談を行っているところも多いですが、無料とはいえ多くのスクールに行くためには時間も交通費も使います。

この記事では後悔しないためのカウンセリングスクール選びのポイントを紹介します。

1 講座の内容を見て興味をそそられるかどうか

ここは非常に大きいポイントです。講座の内容なので、事前にそれぞれのスクール資料などでチェック出来ます。

いくら卒業生の進路や、こんな仕事につける!という点のみクローズアップさせていても、実際に学ぶ講座の内容をそれほど出していないスクールは怖いです。

というのも、講座がつまらなかったらせっかくお金を支払っているのにその時間が楽しくありませんし、結果として学びも身に付きません。

それぞれのスクールでどんな心理学や心理療法を学べるのかは是非チェックしておきたいポイントです。入学前に体験講座を実施しているスクールもあります。

2 見習いたいと思えるかどうか

入学前に検討しているカウンセリングスクールのカウンセラーに触れる機会として、主に次の3つがあります。

  1. 無料スクール説明会
  2. 体験講座
  3. カウンセリングを受ける

いずれかの機会でそのスクールのカウンセラーと接してみて、

  • こんなカウンセリングが出来るようになりたい
  • このカウンセラーから見習いたい

と思えないようでしたら、そのスクールは止めておいたほうがいいです。

カウンセラーを目指すにしても、コミュニケーション力をアップさせるにしても、カウンセリングスクールに通うということは、自分自身の今までの生き方を見つめ直す大きなきっかけになるからです。

スクールのスタッフやカウンセラーはそのための大切なサポーターですので、接してみてあなたがどう感じたか?の感覚が重要です。

3 対応はしっかりしているかどうか

心理カウンセラーは、他の職業に比べ一般常識がない人が多いです。なぜかというと、他のサービス業と違い、相談者から必要とされるため、カウンセラー自身も気がつかないうちに傲慢な態度になりやすいからです。(もちろんそうでない素晴らしいカウンセラーも多くいます)

特に他の職業を経験したことがないカウンセラーは、その傾向がどうしても強めになります。以下のような点に気を配ってみて下さい。

  • 電話口でこちらが名乗った場合、相手が名乗るかどうか(もしくは電話を掛けた際、会社名だけではなく、担当者名も名乗っているかどうか)
  • スクールから出る時に、エレベーターや出口まで見送りに来る配慮があるかどうか。(場所のシチュエーションにもよります)
  • せかせかとしていないかどうか(カウンセリングは、まず落ち着かないと心の内面が見えてきません)
  • こちらを尊重してくれている感じがするかどうか
  • スクールスタッフ同士の関係は悪くなさそうか
  • 服装は常識的かどうか(清潔にしているか)

4 掃除は行き届いているかどうか

掃除は誰にでも出来ます。

ただ、細かいところに目がいかなかったり、きれいな空間で心地よく過ごしてもらおうという意識が弱いと、適当になります。

クライアントの方には比較的、几帳面な方や、完璧主義で細かい点によく気がつく方が多いです。手を洗いすぎるなどの強迫神経症は、その傾向が顕著に現れます。

掃除が適当だと、そういった方は落ち着きにくいですし、そういった方をウェルカムしているとは思えなくなります。

部屋や棚の上にホコリはたまっていないか、トイレは掃除されているかなどは是非チェックしてみて下さい。

5 嘘を言っていないかどうか

スクールの中には、「カウンセラーが足りていません!」「仕事は沢山あります!」という事をやたらと強調する所があります。その理由は簡単で、入学生が増えるからです。

もしそう言われたら、少なくとも以下の2点は確認してみて下さい。

  1. どういった内容なのか(本当にカウンセリングの仕事内容かどうか)
  2. どのくらいの頻度であるものなのか?(毎日なのか?週3くらいなのか?年数回なのか?など)
  3. その仕事の契約はいつくらいまで続きそうなのか?
  4. 出来れば

  5. どのくらいの報酬がもらえそうな仕事なのか?

も確認出来ればベターです。

仕事の契約期間については、研修のように単発のものもあれば、1年契約などの仕事もあります。あなたがプロカウンセラーとして力をつけた時も、契約が続いていそうな仕事なのかどうかは重要です。

卒業生が独立しているようでしたら、その方のホームページがあるかどうかもきっちりと確認してみて下さい。臨床心理士の資格無しに独立しているカウンセラーにとって、ホームページは生命線といっても過言ではありません。もしホームページがないようでしたら怪しいです。

まとめ

  1. 講座の内容を見て興味をそそられるか
  2. 見習いたいと思えるか
  3. スタッフの対応力
  4. 掃除の配慮
  5. 嘘は無いか

1番参考になるのは、スクールに行って対応したスタッフの様子です。その方がカウンセラーなのであれば、落ち着ける声のトーンだったか、話しやすい笑顔だったか、自分であればその方に悩みを打ち明けられそうかなど、リアルな感覚を是非大切にしてみて下さい。

関連する記事
カウンセラースクールの説明会(無料相談)で見定めるべきポイント
あるカウンセラースクールの無料説明会に参加した体験談

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性