心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

認定心理士資格取得のために必要な事

 2015年5月14日  

認定心理士は、「公益社団法人日本心理学会」が認定する資格です。

心理学の専門家として仕事をするために必要な、最小限の標準的基礎学力と技能を修得していると日本心理学会が認定した人のことになります。

資格取得条件

  • 4年制大学を卒業し、学士(修士)の学位を取得していること。
  • 大学もしくは大学院で所定の36単位を習得していること。

以上です。4年制大学は、心理系の学部に限りません。どの学部でも卒業して学士(修士)の学位を取得していればOKです。

資格取得方法と費用

4年制大卒の人が、大学で所定の36単位を習得していない場合、大学の通信課程、または放送大学で取得することが可能です。

放送大学の場合、単位習得のためにかかる費用は234,000円。[内訳 授業料:198,000円(2単位11000円×18) 入学料:36,000円(修士選科生として入学し、2年間在籍の場合)]他の大学の通信課程は、これよりやや高めです。

必要な単位を取得した後は、日本心理学会に書類申請するだけです。

  1. 申請書類入手。
  2. 審査料(1万円)を振込、申請書類を提出。
  3. 審査合格→認定料3万円を送金。
  4. 認定心理士証が送付される。

申請に必要な合計費用は4万円です。

書類を提出してから審査結果が通知されるまで2~3ヶ月かかります。(不備が無い場合)

申請にかかる費用と、放送大学で単位取得にかかる料金を合算すると、274,000円はかかります。

期間

放送大学に問い合わせたところ、4年制大卒の場合、所定の36単位習得にかかる期間として最短で約1年間との事でした。しかしこれはスクーリング授業(実際の授業)にタイミング良く参加出来た場合で、他の仕事をしながら、2年間ほどで取得される方が多いとのことです。

4年制大学卒の方は放送大学が手早いですが、高卒の方は、学士(大卒資格)を取得する必要があるため、最低でも4年はかかります。また、放送大学だと履歴書に書くと通信制大学だとひと目でわかってしまいますので、他の大学のほうがお勧めです。

↓の通信課程の大学でも認定心理士資格は取得できます。

認定心理士資格が取得できる通信課程の大学7校

  • 大手前大学 通信教育部
  • 東北福祉大学 総合福祉学部 通信教育部 福祉心理学科
  • 聖徳大学通信教育部 心理・福祉学部
  • 東京福祉大学 心理学部心理学科
  • 武蔵野大学 人間科学部人間科学科 心理学専攻
  • 東京未来大学 通信教育課程 こども心理学部
  • 中部学院大学 人間福祉学部 人間福祉学科

それぞれの大学の詳細は、通信課程で学士(大学卒業資格)が取得できる心理系大学10校の記事をご参照下さい。

所感と認定心理士取得のメリット

「心理学概論」「心理統計法」などの所定の単位を取りさえすれば取得できる資格です。取得しやすいといえます。

所定の36単位は放送大学ですべて取得できます。放送授業のインターネット配信で、知識は身に付くと思いますが、正直何らかの技能が身に付くとは考えにくいです。とにかく認定心理士を取得すれば、最小限の標準的基礎学力と技能を修得していると日本心理学会からみなされます。

認定心理士資格だけで就職に結び付けるのは難しいとされていますが、ハローワークで募集している心理系の仕事の中には、まれに認定心理士資格を必要としているところを見かけます。

更新の必要がないところもこの資格のメリットといえます。

認定心理士資格が取得できる通信課程大学の、一括資料請求はこちら

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性