産業カウンセラーになるには|特徴、難易度を解説

投稿日:2015年5月19日 更新日:

産業カウンセラーは、労働者の心のケアと予防が主な役割です。職場復帰支援やメンタル不調予防対策、ストレスチェック後のフォロー等を行います。

特徴

特徴としては、

  • 資格の歴史が非常に長い
  • 認知度が高く、取得までの難易度は低め
  • 支部が沖縄から北海道まで全国をカバーしていて、受講(資格取得)しやすい

点があげられます。

歴史について

産業カウンセラーの誕生は1950年(日本産業カウンセラー協会の発足は1960年)で、心理系の資格の中では歴史があります。

経済成長・産業の近代化が進むにつれ、労働者にその適応が求められ、産業カウンセラーが生まれた。

「心をケアする仕事がしたい!」言視舎版 より引用

職場での「和」を大切にするあまり本音を抑える機会が多かったり、働きすぎると心だけでなく身体も病んできます。そのニーズに合わせて産業カウンセラーが誕生しています。

臨床心理士第1号が誕生したのは1988年ですので、戦後から需要が高かった分野といえます。

医療区分には弱い

労働者のメンタルヘルスを目的に需要が生まれていますので、メインの対応領域は労働者の心のケアです。
産業カウンセラー養成講座の内容を見ても、全15講義中、精神医学に関わる講義は1講義のみのため、医療区分は臨床心理士に比較して弱いです。統合失調症や強迫神経症など、精神疾患には強くありません。

産業カウンセラーになるには

資格取得方法はシンプルで、他の心理資格と同じく

  1. 規定の養成講座を受講する
  2. 学科試験・実技試験に合格する

でOKです。

養成講座は通学と通信があり、いつでもスタート出来るわけではなく受講申込み受付時期が決まっています。
通学講座:例年1月ごろ受付開始。(受講期間約7か月)
通信講座:例年7月ごろに受付開始。(受講期間約12か月)

資格取得までにかかるトータル費用は
通学:287,800円
通信:266,200円

です。

費用詳細については、1分でわかる産業カウンセラー資格取得と更新にかかる費用の記事をご参照下さい。

難易度について

他の心理資格と比較して、取得までの難易度はそれほど高くありません

学科試験、実技試験とも例年合格率は約70%ですし、養成講座を受講するだけで受験資格が得られます。大学を卒業する必要はありません。

実技試験と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、15分程度の傾聴ロールプレイです。規定のカウンセリング実習(104時間)に参加し、傾聴の聴き方を日常で実践していればそれほど難しいものではありません。

通信課程について

通信コースは通学コースよりも21,600円安く設定されていますが、注意すべき点として通学制と同じ104時間(16日間程度)の面接実習(他の講座参加者との傾聴ロールプレイ)が必要となる点です。

通学コースと比較して、理論講座に通う必要はありません。(理論講座の通学の回数は昼間コースだと約22回)

「通学コースよりも安いから」という理由だけで通信を選ぶのはお勧めしません。通学の方が仲間も作りやすいです。仲間が出来ると、実技試験直前に仲間同士で自主トレも行えます。

産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの違い

産業カウンセラーとキャリアコンサルタントは一見似通っていますが、全く別物の資格です。

産業カウンセラーは、「労働者のメンタルヘルスケアと予防」がメイン。
キャリアコンサルタントは、相談者(未就業者)が望む仕事に就けるよう、実務的・心理的にサポートする人の事です。キャリアコンサルタントの方がアドバイス的要素が強くなります。

産業カウンセラーの方が、カウンセリングの要素は強めですね。

産業カウンセラーが民間資格、キャリアコンサルタントは国家資格という違いもあります。

資格取得までのトータル費用は、キャリアコンサルタントの方が産業カウンセラーよりも約10万円高いです。
詳細:キャリアコンサルタントになるには|受験資格、費用、難易度を解説

別物の資格のため、産業カウンセラー資格を取得している人がキャリアコンサルタント資格を取得する際には、通常の手順を踏まえる必要があります。(JAICO主催のキャリアコンサルタント養成講座を受講した場合、32,400円の割引を受けれるメリットがあります。)

仕事、資格取得後について

この資格を持てば心理の仕事に即つけるというものではありませんが、ハローワークで公募されている↓のような職種では、産業カウンセラー資格の有無が応募条件に含まれている事があります。

  • 若者自立支援事業
  • 生活困窮者への相談支援業務
  • 労災病院での電話相談

公募されている心理系の仕事で、応募条件に含まれるのは臨床心理士と産業カウンセラーくらいですので、認知度の高さがうかがえます。

仕事に活かす意味合いで、企業内の人がキャリアアップ目的で取得していることも多いです。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性