心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

応用心理士の特徴・資格取得のために必要な事

 2016年7月2日  

応用心理士とは

応用心理士資格は、個人や集団ですでに心理関係の活動をしている人々の、社会的地位を上げる助けになればという考えに基づいて作られた資格です。

日本応用心理学会が認定する資格で、資格自体は1995年に制定。認定元の日本応用心理学会は、創立が1933年と非常に長い歴史があります。心理学者の齊藤勇さんが名誉会員。

この資格は他の多くの心理資格と違っていて、取得するためには会員からの推薦が必要とされています。推薦者が得られにくい場合は学会に相談できます。登録者は、2016年5月23日時点で253名と他の資格と比較して非常に少ないです。

応用心理士になるには

日本応用心理学会に入会後2年を経過していて、現在も会員であることが基礎条件です。その上で次の4つのいずれかに該当する必要があります。

  1. 大学または大学院において,心理学専攻又はこれに準ずる分野を卒業あるいは修了した者。
  2. 機関誌『応用心理学研究』に1件以上の研究論文(共著も含む)を発表した人,または本学会の年次大会において2件以上の研究発表をした者。
  3. 認定審査委員会が応用心理学と関係があると認めた専門職で,3年以上の経験を有する者。
  4. 応用心理学と関係ある職で3年以上の経験を有し,本学会研修委員会企画の「研修会」に5回以上参加した者。

日本応用心理学会HPより引用

日本応用心理学会に入会するために

以下の3つの条件のうち、どれか1つを満たしていればOKです。この入会する時に、既存会員からの推薦が必要になります。

  1. 四年制以上の大学で心理学およびその隣接分野を専攻した者
  2. 日本心理学諸学会連合が認定する心理学検定1級合格者で22歳以上の者
  3. 第1号に準じ常任理事会が認める者

他の多くの認定資格のように、認定元が開催している講座を受ければ良いというものでは無いのは大きな特徴だと思います。

必要な費用

他の心理資格と比べると、大学に行くための費用を除けば非常に安価で取得できます。

継続してかかる費用として年会費8,000円

資格認定に関する費用として、審査料:10,000円+認定料:30,000円。

日本応用心理学会で何かを学んで取得するものではないので、妥当な費用かもしれません。

ちなみに応用心理士資格を取得後、学会を退会すると資格は無いものとされます。厳しいですね。

まとめ

この資格を取得していても日本応用心理学会から、仕事の紹介は特に無いようです。

学会の名前からも「カウンセリング」より、「心理学」に重点を置いていることが見てとれます。

心理学の研究が好きな方には良いかもしれません。すでに大学で心理学を学んでいて、心理関係の活動をしていて、さらなるキャリアアップを目指されている方向けの資格といえます。

カウンセラーになりたい、心理の学びを仕事や日常に活かしたいという方は、他の資格の方が向いています。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性