カウンセラーを信頼出来ないのであれば今すぐ変えるべき理由2つ

投稿日:2016年12月4日 更新日:

snow-forest

クライアントとして、または教育分析(心理カウンセラーが受けるカウンセリング)としてカウンセリングを受けにいった時、信頼できないカウンセラーもいると思います。

特にカウンセラーの視線が泳いだり、以前話した大切な事を忘れていたりすると、大丈夫かな?と感じられます。

カウンセラーが信頼できない状態でカウンセリングを続けても、ハッキリ言って効果はありません。ゼロと言っても過言ではないです。この記事では、その理由を2つ紹介します。

1 つらい出来事を話せない・出せない

信頼出来ない人には、自分自身の苦しい体験や辛さを話せないですし、出せません。そうなると、ハッキリ言ってカウンセリングの意味はゼロです。

辛い出来事を話す事で、「わかってもらえた」という感覚や、その気持の浄化が出来ますが、言えないとどちらの効果も得られません。そして、その人自身が望む事や、求めている事は、つらい体験を深めれば深めるほど、クリアに見えてくるケースが多いです。

例えば人間関係で苦しんだのであれば、具体的にどんな人との関係で、その人から何と言われて、どんな風に関わってこられて、それに対してどのように対応していたのかという詳細がわかると、では次に同じような人に接した時に具体的にどうすればよいかも見えてきます。

辛い体験が話せないと、次に同じような出来事があったときにどうすれば良いか考えられません。そのため、カウンセラーを信頼できない状態でカウンセリングを続けたとしても、意味無しです。

2 アドバイス・情報提供されても受け入れられない

カウンセリングでは、問題解決のためにカウンセラーから情報提供やアドバイスをされる事があります。例えば、うつ状態でひきこもり気味の時に、「朝起きた時に、まずカーテンと窓を開けて空気の入れ替えをして下さい」と言われたとします。そのアドバイスが真っ当なものだったとしても、信頼できない人の言葉は聞き入れられません。

そうなると、問題解決にもならないので、カウンセリングを続けたとしても意味がありません。

カウンセラーが肯定しかしないため、不信感が出てくる場合

カウンセラーが相談者に対して肯定的に関わるのは、信頼関係(ラポール)を築かないと、より深い悩みを打ち明けてもらえなかったり、癒やしを感じてもらえない、カウンセラーからのアドバイスを受け入れてもらえないからです。

カウンセラーの基本的な姿勢として、相談者の話した内容や相談者自身を受け止めて関わります。※専門用語では受容といわれています。

「受け止める」のと、「肯定する」のはイコールではないため、もしあなたが「肯定しかしないので信用出来ない」と感じられたのであれば、カウンセラーが未熟で関わり方が悪いです。

例えば、相談者が

上司が私の出来ていない所ばかり言ってくるので、こないだ無視したんです。

と言い、それに対してカウンセラーがオウム返しで

上司が出来ていない所ばかり言うので、こないだ無視したんですね。

とだけ返されて終わると、「肯定しかしない」と感じられて無理はありません。今一歩なカウンセラーであれば、この後にさらに「無理ないですよね」といった肯定的な言葉をかけてくる人もいます。

しっかり訓練されたカウンセラーであればオウム返しの後に、

出来ていない所ばかり言われると落ち込みますよね。

と受け止め、共感を挟んだ上で、

具体的にはどんな風に言われたんですか?

とさらに理解を深めようとします。

この過程が無く、ただカウンセラーが受け身で聞いているだけだと、「肯定しかしないので、物足りない。信用出来ない。」と感じられます。カウンセリングを不必要に継続して、儲けようとしているのか?という思いも出てきます。

「カウンセラーが肯定しかしないので信用できない」と感じられるのであれば、カウンセラーが未熟です。

まとめ

  • つらい出来事を話せない・出せない
  • アドバイス・情報提供されても受け入れられない

以上の理由から、カウンセラーを信頼できない状態でカウンセリングを続けても効果がありません。

カウンセラーを信頼出来ないのであれば、別のカウンセラーにするべきです。時間もお金も無駄です。

カウンセリングでは、ラポールは絶対に必要不可欠です。


ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性