心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

教師がカウンセリングを学ぶ意義とは

 

学校の教室の写真

近年スクールカウンセラーの普及が進んでいますが、スクールカウンセラーが入るだけでなく、教師自身もカウンセリングを学び、仕事に取り入れておられる方もいます。

カウンセリングを学ぶ事で教師自身のメンタルヘルスの力を高める事もできますが、教師の方は直接生徒さんとの関わりに活かせます。

というのも、カウンセリングは心の問題解決に役立つだけでなく、人が生きていくために必要な力を育んでいくのにとても効果的だからです。

どの時代、どの文化社会においても、人間として生きていくために必要な力(ライフスキル)がある。ライフスキルとは、日常生活で生じるさまざまな問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するために必要な能力である。

引用元:WHO(世界保健機関);Life Skills Education in Schools 1994

文部科学省は、特に在外生徒がライフスキルを高める必要性を主張しています。

カウンセリングの知識や考え方、スキルは、国内の生徒さんのライフスキルを高めるためにも効果的です。WHOが定義しているライフスキルで、特にカウンセリングと関連性の強いものを紹介します。

  1. 効果的コミュニケーション(Effective communication)
  2. 対人関係スキル(Interpersonal relationship skills)
  3. 自己認識(Self-awareness)
  4. 共感性(Empathy)
  5. 情動への対処(Coping with emotions)
  6. ストレス・コントロール(Coping with stress)

引用元:文部科学省HP

これらのスキルを生徒に高めてもらうためには、教師自身が生徒の見本となり、このライフスキルをしっかりと高めておく必要があります。

上記のライフスキルはそれぞれ関連性があります。自己認識(自分自身の性格、長所と短所、欲求などを知る事。)が明確であれば、当然それがコミュニケーションにも現れます。共感性が高ければ対人関係もスムーズに進み、対人関係で必要以上のストレスを抱えずにすみます。

教師の方が特に使用頻度が高いカウンセリングスキル

これは、傾聴スキルに尽きます。傾聴は話の聴き方、関わり方で、「あなただからこそ話せる」という絶対的な信頼関係(ラポール)を築いていくのにとても効果的な方法です。

教師の方は、生徒との信頼関係は特に大切ですし、話を聞くことは日常茶飯事なので、学びが即実践に生きます。

心理学を学ぶ事で、生徒の問題行動の理由やその解決策・対応法が得られると、教師自身のストレスも軽くなります。心理・カウンセリングの学びが、教師の方自身の一生使える財産になります。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性