心理カウンセラーの種

カウンセラーを目指す方に役立つ情報をお届けします

心理カウンセラーの年収・給料・勤務体系

 2016年12月8日  

1万円札の写真特に結婚している男性は、心理カウンセラーになると収入はどのくらいなのか、気になる所だと思います。

収入は、勤務形態・勤務場所・地域によっても大きく変わってきます。この記事では、勤務形態別のカウンセラー収入の大まかな目安を紹介します。

病院などで正社員として就業した場合

一般的に病院などで正社員として心理カウンセラーに就業できた場合、給料の目安は20~30万円/月。年収だと300~400万円になります。

公務員を除いた場合、カウンセラーとして収入が最も安定しているのが病院です。正社員ですので、収入面は安定していますが、当然それなりの労働時間になります。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーだと時給4,000円~5,000円程度(平均的な勤務形態は週8〜12時間。週10時間勤務だと月20万円)です。1校のみではなく、複数校を掛け持ちしている人もいます。

心理判定員

心理判定員は、子供や障害者の心理支援をする仕事です。

心理関係の仕事では、この仕事が最高の年収だと思います。(独立して非常に成功した場合を除く)

初任給こそ17万円台ですが、ボーナスが年間5ヶ月分以上出るのが大きいです。退職金も魅力です。

男女共同参画センター・電話相談員

どちらも公務として、ハローワークで不定期に募集しています。非常勤ですが週4~5勤務で、勤務時間は1日7時間程度。

時給1100~1300円程度だったり、月給として18万円程度支給される所もあります。週4勤務・1日7時間でこの月給であれば、時給換算すると1,285円になります。一般的なアルバイトより高いです。電話相談員はこれより少し収入が落ちます。

話し相手サービス

話し相手サービスは、基本電話やスカイプでクライアントと会話します。その名の通りカウンセリングのように問題解決を目的としているわけではなく、「話を聴くこと」がメインです。

どこかに雇われた場合は、1時間あたりの手取りは1,080円が目安です。しかし、実際に顧客と会話した時間のみが収入となり、待機時間は収入になりません。

独立開業した場合

独立開業した場合、その人の腕次第になります。1時間のカウンセリングで6,000円とすると、時給にすると3~4000円程度が目安です。カウンセリングの準備、その後のカルテ作成、顧客との電話やメールのやり取り、経営を維持するためのメルマガ発行の作成時間、その他光熱費、場所代等を差し引く必要があります。

企業研修

企業研修は、コミュニケーション研修やストレスマネジメント研修が多いです。他のカウンセリングの仕事に比べ、単発でスポット的なのがデメリットです。

単価はばらつきがあり、1時間あたり3000円(知り合いに頼まれた場合等)~5万円程度です。3時間程度で実施される場合が多いので、それだと1回で9,000円~15万円程度です。

とはいえ、企業研修はカウンセラーとして所属している会社に仕事が振られ、そこから依頼を受ける場合か、独立して自分自身が直接仕事を受ける場合かに分かれます。

所属している会社から仕事が振られた場合は、その会社がマージンをとって当然ですので、上記の金額よりも下がります。

キッチリ計算すると、その研修で話す準備時間も考慮する必要があります。

まとめ

上記のように心理カウンセラーは、他の職業に比べると儲かるとはいいにくい職種です。好きでないと続けにくいです。

正社員としての募集は少ないですが、この仕事だけで生計を立てている人が多くいるのも事実です。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性