メンタルケア心理専門士とは|難易度、費用、資格取得に必要な事

投稿日:

メンタルケア心理専門士は、メンタルケア学術学会が認定する資格です。

特徴としては通信課程で取得できるタイプではグレードが最も高く、通信課程ながら心理学、カウンセリング、精神医学についてトータルな観点で深く学べる点です。

同学会が認定している通信心理資格には様々なタイプのものがありますが、

  1. メンタルケア心理専門士
  2. メンタルケア心理士
  3. メンタルケアカウンセラー

の順でグレードが変わります。

この記事では、メンタルケア心理専門士資格取得のために必要な事や、難易度について解説します。

資格取得までの流れ(受験資格)

注意しておきたいポイントとして、メンタルケア心理専門士資格を取得するためには、まずは下位資格となるメンタルケア心理士資格を取得するか、こころ検定2級に合格する必要があります。
認定試験については2018年より「こころ検定1級」に統合されており、資格取得までは次の流れになります。

  1. メンタルケア心理士を取得するか、こころ検定2級に合格する。
  2. メンタルケア心理専門士講座(通信課程)を受講修了する。
  3. こころ検定1級に合格する。
  4. メンタルケア心理専門士の資格登録申請をする。

こころ検定1級は学科試験と実技・口述試験に分かれています。
学科試験は4択で120分、会場まで出向く必要がありますが、かなりの地方都市で受験可能です。
実技・口述試験については、東京、大阪では年2回、福岡、愛知、宮城、北海道で年1回実施されています。

メンタルケア心理専門士講座で学べる内容

カウンセリング技法の基本と様々な心理療法、
行動療法認知行動療法自律訓練法交流分析等)に加え、

  • 応用生活心理学
  • 精神予防政策学
  • 精神医科学緒論

について学べます。

特に応用生活心理学や、精神予防政策学は、相手のためだけでなく、自分自身にも活用しやすいのが良いですね。

5冊のテキストと合計21枚のDVDが用意されており、ボリュームもあります。

通信課程での添削回数は8回、学習期間は最短4ヶ月~標準6ヶ月(無料延長6ヶ月有り)なので、こちらも他の通信心理資格よりボリュームがあります。

こころ検定1級の公式教材にもなっています。こころ検定1級に合格するためには「実技・口述試験」もありますが、この公式教材でDVDと合わせて学習しておけば合格ラインに達するものと感じます。

資料請求(無料)はこちら

必要な費用

この資格取得のためには、トータルで176,900円(税込)かかります。

内訳としては、メンタルケア心理士資格取得にかかる費用:62,300円(税込)+
メンタルケア心理専門士講座(通信課程)受講料:96,000円(税込)+
こころ検定1級受検料合計:13,000円(税込)+資格登録料:5,600円 です。

難易度・合格率について

資格取得までの難易度はやや高めといえます。

というのも、こころ検定1級の合格率については公表されていませんが、以前認定試験として実施されていた「メンタルケア心理専門士認定試験」の合格率自体が高くないためです。
平成29年のデータが公表されており、平均合格率14.6%となっています。こちらと「こころ検定1級」のレベルが大きく変わる事は考えにくいです。
参照元:メンタルケア学術学会

合格率が厳し目の分、中途半端なカウンセラーは作らないという姿勢がうかがえます。

仕事や求人について

仕事や求人は特に公開されていませんが、資格取得後メンタルケア学術学会に入会すると独立相談を受けれたり、協会教育指定校で認定講師としての活動も可能なようです。

まとめ

通信課程で最も深く学べる心理資格ですが、取得難易度も高めです。

カウンセリングの中でも特に医療分野に関心が強く、メンタルケア心理士資格を取得してみて、さらに学びを深めたいと感じられた方向けの資格です。

カウンセラー資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

カウンセラースクール総合サイトから、あなたが気になった心理資格や講座を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なスクールと学びの種類がありますので、ご自身に合うものを比較検討してみて下さい。

資料請求(無料)は今すぐこちら

様々な心理学スクールのロゴ

ピックアップ心理スクール

ヒューマンアカデミーは全国各地に30校舎あり、多くの方が学ばれています。

実践的な心理学、コミュニケーション力アップに関心のある方は、是非公式サイトを確認してみて下さい。詳細な資料も↓のサイトから無料で取り寄せられます。

ヒューマンアカデミーの公式ページへ

心理資格取得を目指す女性